こころとからだの健康掲示板

こころとからだの関連性(心身一如)から、「健康で幸せ(well-being)」な過ごし方を提案します

「5G」開始で生活、ビジネス、医療の何が変わる?メリットとリスクも『5Gビジネス(亀井卓也)』

calendar

Pocket

2020年春、いよいよ日本でも次世代の通信規格「5G」の商用サービスが始まります!

しかし、「そもそも5Gって何?」「私たちの生活がどう変わるの?」、とイマイチよくわかっていなかったので、ランキングなどでも上位になっていた本書『5Gビジネス(亀井卓也、日経文庫、2019)』を手に取りました。

専門的な言葉も出てきますが、情報通信やインターネット業界とは無縁だった私でも、実生活に照らして読み進めることができました!

スポンサーリンク

本書を読む目的

  • 2020年以降の5Gサービス開始に伴う、ビジネスや生活の変化を知る
  • 情報通信革命を経て、自分の会社経営やサービス提供に役立てる
  • 気になる個人情報の取り扱い方の注意を学ぶ

本書を読んでの学び・気づき

5Gの特徴

5Gとは正確には、「第5世代(generation)移動通信システム」のことで、その特徴は次の3つ。

  1. 高速大容量通信
  2. 超信頼・低遅延通信
  3. 多数同時接続通信

著者は5Gの存在意義は、“通信インフラそのものにではなく、その通信インフラの上で、どのように人のライフスタイルを革新できるか、企業や社会のデジタルトランスフォーメーションの実現できるか”、にある。そのための“活用可能性を追求”すという観点で、日本は世界を先導するポジションにあるといいます。

ただ4Gの時点ですでに利用者の通信需要はほぼ満たされていることから、新しい活用可能性を追求しなければ、5Gが普及しない可能性も指摘しています。

そして“目的や使用用途に応じて、通信事業者と企業の間で柔軟な関係が構築される”など、社会や企業同士の関係性も変化していきます。

具体的な使用シナリオは、次のような例があげられます。

  • 折りたたみ型スマホを活用した大画面・高精緻の動画を楽しめる
  • 「マルチアングル」で、ライブイベントのステージやスタジアムでのスポーツ観戦を、リアルタイムにあらゆる角度から楽しめる
  • 「xR(VRやARといった技術の総称)」を利用したオンラインゲームの利用が広がる
  • いつでもインターネットとつながる「コネクテッドカー」の進歩によって、自動運転技術が向上する
  • 遠隔診療によって在宅医療を受けられたり、遠隔手術支援によって高度な医療を身近に受けられたりする
  • ウェアラブル端末を用いたヘルスケア機能
  • 介護ロボットや電動カート、パワーアシストスーツの普及によって、介護人手不足を解消する
  • キャッシュレス決済、認証システムがますます発展する

こちらから話しかけることでさまざまなアクションをしてくれる「スマートスピーカー(AIスピーカー)」も、5Gで活用が広がる代表ですね。

これらを見ると、生活やビジネス、医療・介護、趣味といったあらゆる分野で、革新的な体験をすることになるだろうと予想できます。そしてそれは、社会課題の解決にも役立つものですね。

このように、個々人の生活の質が高まるとともに、社会課題の解決が図られるという「人間中心の社会づくり」は、“ソサエティ5.0”というコンセプトとして提唱されています。

5Gがもたらすリスク

リスク

5Gによって、下り(サービス事業者から消費者への情報の流れ)だけでなく、上り(消費者からサービス事業者への情報提供の流れ)も圧倒的に多くなります。

つまり、パーソナルデータがサービス提供事業者に集約されるため、プライバシーをいかに確保するかが重要な課題。その対策としては、個人情報保護法の厳格化や、システムに個人情報を残さないような仕組みが進められています。

しかし、パーソナルデータを提供することで享受する利益が多いのも事実。例えば、個人の購買履歴にもとずくオススメ商品の提案、行動予定に適した情報提供、バイタルデータを活用した予防法などがあります。

そのため著者は、パーソナルデータの活用について次のように提案しています。

サービス事業者によるパーソナルデータ活用への理解が進んでおり、個々の消費者が自身のプライバシーの確保と、パーソナルデータ提供の対価を天秤にかけて、適宜判断する (213ページより)

インターネットを利用していると、買い物をはじめとして個人情報の入力を求められる場面が少なくありません。消費者としては、それをわかった上で、サービスを受けていると自覚する。

パーソナルデータ提供とサービス享受、それぞれのリスクとメリットを判断しながら賢く付き合う必要がありますね。

その他本書では、5Gがもたらすリスクとして、次のようなものがあげられています。

  • サービス開始当初からすべてのメリットを得られるわけではない(過度な期待は失望につながる)
  • 単一のアルゴリズムによる個人の得点付け(スコアリング)によって、人々の行動や思考が画一化していく
  • 地域ごとのデジタル格差
  • 新たな通信需要を創り上げられなければ、5Gへの以降が阻害される恐れもある

私たちはどう行動すべきなのか

インターネット

  • ビジネスモデルの変化…情報通信の主役が、通信事業者ではなくて、エンドユーザーとつながるサービス提供事業者に移る(B2B2Xのモデル)。
  • 5Gを積極的に体験し、自社のビジネスにどう活用できるか、自社の顧客にどのような価値を提供できるかを考える
  • 蓄積される膨大なデータにもとづいて経営戦略を練ったり、エンドユーザーを動かしたりする「データ駆動型経営」を促す
  • 資産を売るのではなく、サービスとして顧客に利用してもらう(XaaS化)ことを考える。サブスクリプションモデルが適する

本書を読んでどう行動するか(アクションプラン)

個々の消費者の立場からみれば、新技術を積極的に利用してみる、ということが大事ではないかと思います。

たしかに4Gでも、そんなに支障はないかもしれません。しかし、5Gになることで解決できる社会課題もある。そのように5Gが普及するためには、消費者の声を届けながら、安全性や効率性などを高めていくのが重要。

さらに、5Gが抱えるリスクを理解し、リスクとメリットを天秤にかけて自ら使用法を判断する力を養っていく必要もあります。

そんなに新しもの好きという自覚はないのですが、本書を読んで、新技術を積極的に体験してみたいと思えました。そして生活やビジネスの変化を感じ、社会生活の発展につながっていけばいいなと思います。

☆「動画」は、5Gを活用してますます利用が広がると期待されています。動画の可能性については、こちらの本が超オススメ。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder 免疫力アップのコツ

免疫力を高めるストレス解消法
免疫力をアップさせる運動のコツ
“免疫系の暴走”を抑えるのも,食事から!〜食物繊維の役割〜
more...

folder 快眠術

寝酒は逆効果!お酒を飲んでも熟睡できる方法
【悩まない】どうしても眠れないときにとるべき、疲労回復のコツ
やってはいけない!快眠を妨げる寝る前の行動
more...