健“幸”の流儀

最高のカラダとココロを手に入れる 

あなたに合った方法が見つかる!【書評】『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド(鈴木 祐)』

calendar

Pocket

ストレス対策は質より量が大事 (2ぺージより)

ということで、一流の研究機関が実証した「ストレス解消法」を100個厳選して紹介されているのが本書、『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド(鈴木 祐著、鉄人社)』

というのも、ストレスの原因は一人ひとり違っているし、その反応もそれぞれ。万人に共通のストレス解消法はありません。

そこでいくつものストレス解消法“コーピング・レパートリー”を持っていることで、テクニックを変えながらストレスに対処。心に余裕も生まれます

本書では100個のストレス解消法について、「科学的な信頼度」、「手軽さ」、「即効性」、「効果の高さ」、「持続時間」の5項目のポイントをレーダーチャートとして図示。このチャートを参考に、自分の取り組みやすいものから実践していくことができます。

著者は年間5,000本もの科学論文に目を通し、最新の健康科学に関する情報を発信されています。本書も膨大なエビデンスに基づいているため、信頼度バツグン。

スポンサーリンク

ストレスの種類【3つ】

アイキャッチ

ショートストレス

「車にぶつかる!」「仕事の締切が近い!」「あいつ腹が立つ!」などのように、短期的に感じるストレス。

うまく活用すれば、行動へのモチベーションを高める効果もある。適度なレベルにコントロールしたい。

ループストレス

ショートストレスを何度も繰り返すタイプのストレス。

部屋の汚れ、仕事上のミスなど、根本的な解決を図らなければ、延々とストレスに悩まされることになる。

ロングストレス

「ブラック企業に入ったが辞められない…」「ずっと借金の心配をしている…」「子どもの頃に受けたイジメの記憶を引きずっている」など、ループストレスがさらに深刻化し、慢性的になった状態。

もっとも人生へのダメージが大きく、心の負担に慣れてしまうのも問題。

ストレス対策の超基本

具体的なノウハウにいく前に、ストレス解消の大前提として押さえておくポイントがあります。

それが、こちら⏬

自分のストレスにちゃんと気づくこと

ストレスに悩む人の多くが、自分の心がどれだけ負担を感じているかを正確に把握できていない、と著者はいいます。

現状を正確に把握できなければ、どんなノウハウを用いても十分な効果を感じることは難しいでしょう。

自分のストレス具合を正確に把握するために有効なのが、こちらの質問に答えること⏬

  • いまのイライラや不安は100点満点で何点だろうか?
  • このストレスは、過去のものと比べて何%ぐらい辛いだろうか?

ストレスの根本原因【3つ】

ストレスが長引いて解消されない理由は、次の3つに大別されます。その場しのぎのストレス発散に頼らずに、3つの根本原因の解決を図るのが肝腎です。

思考のアンバランス

考え方の偏りがもたらすストレス。長年の経験で身についた「思考のクセ」のようなもの。客観的な事実にもとづかずに、自分を責めたり、偏った考え方をしていたりします。

【関連】自分の思考のクセを修正していく過程は、「認知行動療法」と呼ばれ、そもそもストレスを溜めこまないようになります→【解決】心のストレスを晴らす!“認知のゆがみ”チェックと直し方

栄養のアンバランス

不摂生な食事がもたらすストレス。ここ数年の研究で、健康的な食事をしている人のほうが格段にストレスに強いのが明らかにされています。それどころか、記憶力や集中力といった脳の機能までアップされます。

とくに、「腸内環境」の状態がストレスと密接に関連します。プロバイオティクスやプレバイオティクス、発酵食品を積極的に取り入れ、ストレスに強いカラダづくりを心がけましょう。

受容のアンバランス

人生のリアルを受け入れないストレス。自分に降りかかるストレスには、「自分でコントロールできること」と「どうにも自分ではコントロールできないこと」がありますよね。

例えば、仕事でミスしたとしても、それはもう無かったことにはできません。そこでミスを引きずるよりは、「次は同じことをしないように気をつけよう」と切り替えたほうが賢明。

自分でコントロールできるものと、コントロールできないものとを冷静に見分ける。そしてコントロールできるものの対処に集中する、コントロールできないもは受け入れる。そうした「受容」のマインドを身につけたいものです。

ストレス対策【3種の神器】

アイキャッチ

ストレスの根治療法には時間がかかりますが、「とりあえず、目の前のストレスをどうにかしたい!」と思うことがありますよね。そこで本書では、科学的に認められた即効性の高いストレス解消法が「三種の神器」として紹介されています。

呼吸法トレーニング

まずは、 呼吸法。 慌ただしい日常にあっては、 目の前のタスクを処理することに精一杯で、知らずしらずに呼吸が浅く、早くなっています。

浅く早い呼吸は交感神経の活動を高めて、 心身の緊張が亢進させます。 そこで呼吸法を意識するだけで、ストレスによる脳の警戒システムを解除し、心身の定常状態を取り戻します

エクササイズ

運動がストレス解消に役立つのは、誰しも実感するところではないでしょうか。実際にうつ病の治療において、運動は服薬と同等以上の効果があるとして推奨されています。

その機序は、運動によって分泌が高まる脳内神経伝達物質の働きが大きいとされています。運動の種類には、ボルダリングや木登り、裸足ランニング、ガーデニングなどさまざま。ぜひ気軽に、日常にちょっと運動習慣を足してみませんか。

バイオフィリア

バイオフィリアとは、「人間の脳には、大自然との触れ合いを求める欲望が備わっている」という考え方のこと。そのため、自然と触れ合う機会をもつことで、副交感神経が活性化し、ストレス解消に役立ちます

街中での生活を移るのは難しいですが、日光浴をする、観葉植物を置く、自然音を聞く、アロマテラピーなど、日常にちょっとずつ自然を感じる機会をつくるのでも効果的。

むすびに

本書では100個ものストレス解消法が紹介されていますが、大事なのはストレス対策をふだんのライフスタイルに定着させていくこと。

実際に私もいくつか取り組んでみました。例えば、呼吸法を行うと、始めはすぐに意識があちこちに飛んで、集中できないんです。こんなに散漫なのかと驚きました。でも続けて取り組んでいるうちに、こころが落ち着いてくるのを実感でき、自分を取り戻す貴重な時間となります。

本書で紹介されるストレス解消法を活用し、あなたも“心がどんなダメージを受けても、すぐに立ち直れる無敵のメンタル”を手に入れませんか!?ご興味ある方は、こちらからご購入できます⏬

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ☆痛みなく動けるカラダづくり

【大失敗】「体力アップ」のはずが、カラダを壊す意外な食事法〈ワースト3〉
【目的別】運動は“いつ”やるのが効果的なのか?
【もう悩まない】腰痛との正しいつきあい方を知って、もっと健康になる
more...

folder 免疫力アップのコツ

【新型ウイルスに負けない!】自分自身の“免疫力“を高める方法〈ベスト3〉
免疫力を高めるストレス解消法
免疫力をアップさせる運動のコツ
more...

folder 快眠術

寝酒は逆効果!お酒を飲んでも熟睡できる方法
【悩まない】どうしても眠れないときにとるべき、疲労回復のコツ
やってはいけない!快眠を妨げる寝る前の行動
more...