こころとからだの健康掲示板

こころとからだの関連性(心身一如)から、「健康で幸せ(well-being)」な過ごし方を提案します

【解明】ストレスによる筋緊張の異常が慢性的な痛みにつながる

calendar

Pocket

ストレスなどによって一部の筋肉のこわばり(筋緊張)が過剰に持続することで、通常では意識されない感覚(深部感覚)が興奮し、慢性的な痛みを生じるー。

筋痛性脳脊髄炎慢性疲労症候群線維筋痛症は、身体に炎症や損傷など明らかな原因がないのに、慢性的な異常筋痛や過度の疲労感が生じる原因不明の病気。

その痛みが生じるメカニズムが、モデル動物を用いた実験で明らかにされました。

研究を行ったのは、名古屋大学大学院の木山博資教授と愛知医科大学の安井正佐也助教の研究グループ、九州大学大学院の井上和秀教授ら。

Press Release(名古屋大学)

スポンサーリンク

ストレスによる原因不明の痛みは、「持続的な筋緊張」が原因

筋の痛み

研究では、持続的に下肢の筋緊張が高まるモデル動物を用いて、その原因を解析。

その結果、下肢の皮ふや筋肉に損傷や炎症がなくとも、脊髄神経の深部感覚が異常に興奮し、それに伴い運動神経のまわりにミクログリアが集まっているのが認められました。

それまでの研究で、ストレスによる慢性的な痛みは、脊髄でのミクログリアの活性化によって生じると考えられていました。

さらに今回、抗重力筋の代表である、ふくらはぎのヒラメ筋において、異常な筋緊張が持続することで深部感覚が興奮し、ミクログリアの活性化を伴って、慢性的な痛みを生じることが明らかとされました。

そこでヒラメ筋の緊張を抑制するために、足の関節を固定すると、同様の痛みがみられなくなったことから、一部の筋の過緊張が痛みを引き起こしていることが判明。

本研究成果は国際科学誌「Journal of Neuroinflammation」の電子版に掲載されています。

新たな治療法の開発に期待、セルフメンテナンスも

あなたらしい社会生活とは?

研究グループは、「患者の疼痛を和らげる治療には、脳や脊髄に存在するミクログリアを標的とすることが有効であるほか、一部の筋の過緊張を解除し、固有感覚ニューロンの活動性抑制を標的とする新たな治療法が考えられる。今後は、ヒトでの実証と新たな治療標的に対する効果的な治療法の開発が期待される」と、述べています。

そもそも全身の筋肉は、重力に抗してよい姿勢を維持し、スムースに動き出すのに備えて、持続的な緊張状態を保っています。車でいえば、アイドリング状態。

ストレスや過剰な運動、長時間の同一姿勢、運動不足、生活習慣の乱れなどによって、筋緊張は高まります慢性的な痛みにつながる、異常な筋緊張を避けるためには、ストレスコントロールや適度な運動、規則正しい生活習慣を心がけることも大切

自律神経の乱れは、筋緊張を持続させ、慢性的な痛みにつながります。 自律神経を乱す原因と対処法はこちら→自律神経を乱す4つの原因と対処法−生活習慣から心と体を整える−

☆筋緊張のメカニズムと痛みの関係について【深堀り】→姿勢と動作の成り立ち−筋緊張制御の仕組み−

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ☆痛みなく動けるカラダづくり

【シンプル】最高の健康づくりは、自分のカラダの声に従うこと
【むくみ、冷え、肩こり解消】デスクワークの人にも大事な水分補給のコツ
【朗報】お酒を飲んでも太らない方法があった!(書評)
more...

folder 免疫力アップのコツ

免疫力を高めるストレス解消法
免疫力をアップさせる運動のコツ
“免疫系の暴走”を抑えるのも,食事から!〜食物繊維の役割〜
more...

folder 快眠術

寝酒は逆効果!お酒を飲んでも熟睡できる方法
【悩まない】どうしても眠れないときにとるべき、疲労回復のコツ
やってはいけない!快眠を妨げる寝る前の行動
more...