健“幸”の流儀

最高のカラダとココロを手に入れる 

知ってました!?あなたの行動は「脳内物質」に支配された結果かもしれません。

calendar

reload

知ってました!?あなたの行動は「脳内物質」に支配された結果かもしれません。
Pocket

前回のブログで、シャーデンフロイデ(他人をこき下ろしたときに思わず湧き起こる喜びの感情)が起こる背景に、脳内の神経伝達物質で“快楽物質”と呼ばれるドーパミンが関わっていると書きました。

*人間の愛着と妬みについて、こちらもご参照ください→愛着と嫉妬は紙一重⁉“愛情ホルモン”オキシトシンの意外な一面。

シャーデンフロイデのようなネガティブともいえる感情が、人間性(人間に特有の性質)の一つとしてあることを認めると、「いじめを容認している」とも取られ兼ねません。確かに中野先生は、著書『ヒトは「いじめ」をやめられない』の中で、脳内ホルモンと攻撃性・排斥性(受け入れられないものとして、押しのけ、しりぞけること)の関係について述べています。

なかなかショッキングな内容ですが、「人間性」を考え直して、人間の特性として存在することを知った上で、「倫理」に基づき賢明な判断と行動をしていかなければならないと思います。

*倫理:人として守り行うべき道。善悪・正邪の判断において普遍的な規準となるもの。道徳。モラル。(コトバンク)

脳の働きは、一種のクセやパターンのようなものだと思います。

より良く生きるためには行動変容や生活習慣の改善が不可欠ですが、行動や習慣を変えるのが難しいことはあなたも実感されると思います。

脳のクセやパターンを知っていると、行動変容や改善に向けて対応しやすくなります。

どんな対象が依存性を持っているかを知っておくことも役立ちます。例えば、「チョコレートには依存性がある(やみつきになっちゃう)から、予め3個しか置かない(>_<。)」などのように。

社会や、経済、文化においても、やはり人間が作り出したものなので、そのシステムは人間の特性に似ていると考えると、上手くいくのかもしれません。

あなたも脳の仕組みを知って、より良く生きるのにお役立ていただければ。



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ☆痛みなく動けるカラダづくり

【大失敗】「体力アップ」のはずが、カラダを壊す意外な食事法〈ワースト3〉
【目的別】運動は“いつ”やるのが効果的なのか?
【もう悩まない】腰痛との正しいつきあい方を知って、もっと健康になる
more...

folder 免疫力アップのコツ

【新型ウイルスに負けない!】自分自身の“免疫力“を高める方法〈ベスト3〉
免疫力を高めるストレス解消法
免疫力をアップさせる運動のコツ
more...

folder 快眠術

寝酒は逆効果!お酒を飲んでも熟睡できる方法
【悩まない】どうしても眠れないときにとるべき、疲労回復のコツ
やってはいけない!快眠を妨げる寝る前の行動
more...