健“幸”の流儀

最高のカラダとココロを手に入れる 

【目的別】運動は“いつ”やるのが効果的なのか?

calendar

Pocket

これから運動を始めようとしているあなた。

せっかくやるなら、できるだけ効果的・効率的にやりたいと思いますよね。

運動のやり方や食事との兼ね合いによって、運動の成果はあきらかに差が出ます。

今回は、「運動は“いつ”やるのが効果的なのか?」を目的別に解説していきます。

今すでに運動習慣がある方も、これから運動を始めようという方も、より高い成果を手に入れられるように、工夫してみてくださいね。

スポンサーリンク

【目的別】運動するのに適したタイミング

体力強化、筋肉をつけたい

体力強化や筋肉をつけるための運動でベストなタイミングは、「昼食後〜夕方」にかけて。

この時間は、一日のうちでもっとも体温が高く、自律神経やホルモン分泌が最高に高まっている時間帯です。

なので強度の高い運動や、長時間の運動にも耐えることができます。

ダイエットしたい

ダイエットのために運動するなら断然、「朝」。それも、朝食前がオススメ。

朝に運動することで、基礎代謝の上がった状態で一日を過ごすことができます。研究によれば、20%も効率的だといわれます。

朝に運動する注意点は、寝起きに十分な水分補給をする。激しい運動や長時間続く運動は避けること。

軽めのストレッチやウォーキングから始めるのがベスト。

ストレス解消、疲労回復に

一日忙しく働いたり、気を使ったりして心身ともに疲れたときは、「夕方〜夜」に運動しましょう。

ゆるやかに筋肉が収縮することで、血流がよくなり、疲労物質や老廃物を流しさってくれます。

さらにウォーキングやジョギングといった有酸素運動は、脳内ホルモンの分泌を高め、ストレス解消に効果バツグン!

注意すべきは、寝る前の激しい運動は避けること。寝る前に激しくカラダを動かすと、自律神経が高ぶって寝つきを妨げてしまいます。

むすびに

いかがだったでしょうか。

目的別に、運動するベストタイミングをご紹介しました。

せっかくやるなら最大の効果を効率的に手にできるように、運動するタイミングを工夫してみてくださいね。

ただ、これから運動を始めるという方に、もっと大事なのは、「続ける(習慣化する)」こと。どんなに効果的な方法であっても、やはりある程度の期間、継続しないと望む成果は得られません!

運動を習慣化するための、挫折しない方法を動画で分かりやすく解説しました⏬

 

☆自分の「体内時計」のタイプ(朝型か夜型か)によっても、運動にベストなタイミングは変わってきます。より精しくは、こちらの書籍をご参考ください⏬

 

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ☆痛みなく動けるカラダづくり

【大失敗】「体力アップ」のはずが、カラダを壊す意外な食事法〈ワースト3〉
【目的別】運動は“いつ”やるのが効果的なのか?
【もう悩まない】腰痛との正しいつきあい方を知って、もっと健康になる
more...

folder 免疫力アップのコツ

【新型ウイルスに負けない!】自分自身の“免疫力“を高める方法〈ベスト3〉
免疫力を高めるストレス解消法
免疫力をアップさせる運動のコツ
more...

folder 快眠術

寝酒は逆効果!お酒を飲んでも熟睡できる方法
【悩まない】どうしても眠れないときにとるべき、疲労回復のコツ
やってはいけない!快眠を妨げる寝る前の行動
more...