健“幸”の流儀

最高のカラダとココロを手に入れる 

【シンプル】“人のために”…否!100%“自分のために”生きれば、万事うまくいく!

calendar

Pocket

  • 自分には苦手な仕事だけど、会社のためにやらないといけない
  • 家族のために、頑張って働こう
  • 世のため、人のために動くのが、人として正しい生き方だ

一生懸命に働いてきた人こそ、こういった思いを抱えてきた方が多いのではないでしょうか。私もずっとそうでした。

しかし、本当に“世のため、人のため”に生きるのが、ハッピーなのでしょうか。

実は、“100%自分のために”生きるほうが、仕事も家庭も万事うまくいく!ということがわかりました。

今回は、その理由と、“自分のために”生きるメリットを深堀りしていきます。

スポンサーリンク

“人のため”では成功しない3つの理由

unhappy

苦手なことや嫌いな作業をするので、結果のクオリティが低い

例えば会社でいえば、本来はどんどん外部に出て、取引先やお客さんとやり取りするのが得意な営業マンがいます。この人に「会社のためだから」といって、細かな経理や精算作業をやらせたらどうでしょうか?

きっと不慣れな作業で時間もかかるうえに、いくつものミスやヌケが出ることでしょう。その結果、イチから修正したり、外部の信用が下がったりして、会社にとってマイナス。

自分を犠牲にして苦しいことを続けるのは、自分にとっても組織にとってもメリットはありません

☆もしあなたが、「自分の強みは何だろう?」とお悩みであれば、「ストレングス・ファインダー」をお試しください。あなたの才能を見出し、それを磨くことに時間と労力を注ぐからこそ「強み」を育てることができます。

ストレングス・ファインダーは下記の書籍を購入し、シリアルナンバーを入手することで受けられます。

⏫読書評はこちら→【実例】<ストレングス・ファインダー2.0>を活用し、真の「強み」を磨く

ニーズのミスマッチが起こる

もしあなたが、「チーム・組織のために」とか「家族のために」と思って、あれこれ気をまわしてやってあげていることがあれば、今すぐ止めましょう。

なぜなら、あなたが「(チームや組織、家族の)ためになる」と思ってやっていることと、相手が真に望んでいることには、往々にしてミスマッチが起きているものだから。

私もそれで手痛い失敗をした経験があります。

ある職場で、「若いスタッフのためになる」と思って、自分の持っている情報やノウハウを教えていました。ただ自分も忙しくなってくると、その教育もだんだんストレスになってきます。それでも「スタッフのために」と思って続けていたのですが、結果的には過労で倒れることに。後々聞かされたのは、上司や同僚はそこまでの働きを望んではいなかったとのこと。

完全に自分の思いが先行して、相手の真のニーズとは一致していなかった事例です。

家族のためを思ってプライベートな時間を削って働く親にも、起こりがち。骨身を惜しまず働いていたのに、実際は、妻子は一緒にいる時間のほうを望んでいたとか。

いずれにしろ、あなたが「組織のため」「家族のため」と思ってやっていることが、本当に相手のニーズとマッチしているのか。今一度、冷静に見直してみましょう。

自分のエネルギーを消耗する

“人のために”と思ってやっていることの一番の弊害が、「自分のエネルギーを消耗してしまう」ということです。

例えば、同じだけの作業量だったとしても、自分が好きで没頭するものだと微塵の疲れも感じませんよね。一方、苦しい思いをしながらやる仕事は、終わった途端にドッと疲れが現れます。

そのように、人のエネルギーは単に行動量だけでなく、そこに向かうモチベーションによって左右されるのです。

嫌な仕事ややりたくない作業をすることでエネルギーを消耗し続けるとどうなるでしょうか。心身を病んでしまったり、安易な快楽(お菓子や酒、浪費グセ、過剰な恋愛依存、ギャンブル)に走ったりしてしまいます。

そんな悲劇を起こす前に、“人のために”と思って、自分を抑え込むのはもう止めましょう。

“自分のために”生きれば、みんながハッピーになる

happy

ここまで、“人のために”と思って生きることの弊害をあげてきました。

つまり、“自分のために”生きることが、みんながハッピーであり、物事すべてうまくいく秘訣なのです。

実は、「世界のホームラン王」こと、野球選手の王 貞治さんも下記のような名言を残しています。

自分のためにやるからこそ、

それがチームのためになるのであって、

「チームのために」

なんて言うやつは言い訳するからね。

オレは監督としても、

自分のためにやってる人が

結果的にチームのためになると思う。

自分のためにやる人がね、

一番、自分に厳しいですよ。

(癒しツアーHP 王貞治の名言・格言より)

いかがでしょうか。

自分が心からやりたいこと、好きなことをやるからこそモチベーションがアップ。モチベーションが上がれば、仕事の細部までこだわったり、粘り強くやり遂げることができます。そうして最高の成果を生み出すことが、結果的にチームや組織に貢献することになりますよね。

今の立場で、どうしてもやりたくないことをやらざるを得ない場合は、“これは、どんな自分のためになるだろう”と思考を転換する手もあります。例えば、大量のコピーを命じられたなら、書類を通して上司の仕事内容を伺い知り、自分の勉強とすることができます。

さあ今すぐ、“自分のために”、自分の夢や目標を実現するために生きましょう。

それが真にあなたを輝かせ、まわりをハッピーにするのですから!

happy

むすびに

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

“100%自分のために”生きることで成果をあげ、自分もまわりもハッピーになります。

そんな生き方を実現するためには、自分が本当にやりたいことは何だろう、自分にできることは何だろうと自問自答することが大切。

あなたの「純粋な情熱」を経済的価値に変える働き方を実現するのが、『独立起業行動塾』。毎月、各地で体験会が開催されています。体験談はこちら→あなたの「情熱」をかけられるものは何ですか?〜本質にあたる働き方〜

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ☆痛みなく動けるカラダづくり

【大失敗】「体力アップ」のはずが、カラダを壊す意外な食事法〈ワースト3〉
【目的別】運動は“いつ”やるのが効果的なのか?
【もう悩まない】腰痛との正しいつきあい方を知って、もっと健康になる
more...

folder 免疫力アップのコツ

【新型ウイルスに負けない!】自分自身の“免疫力“を高める方法〈ベスト3〉
免疫力を高めるストレス解消法
免疫力をアップさせる運動のコツ
more...

folder 快眠術

寝酒は逆効果!お酒を飲んでも熟睡できる方法
【悩まない】どうしても眠れないときにとるべき、疲労回復のコツ
やってはいけない!快眠を妨げる寝る前の行動
more...