健“幸”の流儀

最高のカラダとココロを手に入れる 

【脱!三日坊主】習慣化を成功させるには、「真の目的」を明確にすること

calendar

Pocket

こんにちは、ふみあき(@ThanksDailylife)です。

今回は、三日坊主にならず、新しい習慣を身につけるためには、「真の目的」を明確にすることというテーマでお話しします。

今回のテーマについて、下記のツイートをしました。

このツイートを掘り下げ、習慣化を成功させ、新しい自分をつくるためのコツについて解説します。

スポンサーリンク

習慣化に成功する人は、どんどん素敵な人生になる

成功

小さな習慣の積み重ねを大きな成功へと体現した最たる例は、米メジャーリーグで活躍したイチロー選手でしょう。彼はこういっています。

高校時代、毎日10分だけ素振りをしました。1年365日、3年続けたそのことで、たった10分がすごい時間に感じ、誰よりも継続したことで強い気持ちが持てるようになりました。

一つひとつの小さな習慣をしっかりと身につけていくことで成果を出し、メンタルまでも鍛えられます

ヘルスケア領域においても同様。

私は整形外科で長引く痛みや不調を訴える患者さんの治療・リハビリテーションに携わってきて、痛み・不調を解消して、その人らしい生活を取り戻すには、この「習慣化」が重要だと気づきました。

やはりケガの回復が遅れたり、カラダあちこちのモヤモヤとした不調が続く人というのは、 望ましくない習慣になっているのが少なくありません。

例えば、下記のようなケース⏬

  • 車移動とデスクワークが多くてほとんど運動しない
  • 夕食後に何となくテレビを見続けて寝るのが遅くなる
  • 食事時間が不規則で、空腹状態で早食い
  • 根拠のないネガティブな思考を続けている

一方、たとえ不意のケガをしてしまっても速やかに回復し、充実した生活を取り戻す方にも特徴があります。そのような方は、他力に頼らず、自らの習慣を変えて、能動的に元気な状態を作っていきます

では、習慣化がうまくいき新しい自分をつくる人と、途中で挫折して習慣化できない人の違いは何なのでしょうか。

『自分を変える習慣力(三浦 将著、クロスメディア・・パブリッシング)』の著者は、習慣化を成功させるのに、真の「目的」を明確にすることから始めることを薦めています。

挫折するのは、あなたの意志が弱いからではなく、目的がぼんやりしているから

ダイエット、新しい資格試験、ジム通いなど、新しい習慣を始めたけれど、途中で挫折してしまった経験は誰しもありますよね。

私においては、大学生のとき「将来、英語ができたらいいなー」と思って、英会話スクールに通ったことがあります。一年ほど続けましたが、就職活動やら卒業研究やらで忙しくなってくるに伴って、フェードアウトしていってしまいました。

今になって思えば、英会話を使って、どんな人とコミュニケーションをとりたいのか。どんな仕事をしたいのか。いつまでに、どの程度の英語力が必要なのかなど、目的が曖昧だったのです。

曖昧な目的では、忙しい日常の中で取り組む優先順位が後回しにされていきます

そして一回でも途切れてしまうと、「まあ、いいか」と流されていくのが人の常。気づいたら、いつの間にか止めていたという事態に。

真の目的を明確にし、具体的な行動に落とし込む

行動

大事なことなので、もう一度いいます。

新しい自分をつくるには、新しい行動を習慣化することが必要。そして習慣化を成功させるには、「真の目的」を明確にすることから始めます

「真の目的」とは、心から望む理想の自分のあり方(being)だともいえます。そして「誰のために」、「何のために」その行動をするのか

真の目的が決まれば、そこから逆算して、具体的な行動に落とし込んでいきます。

  • 痩せることでスマートなボディを手に入れる→人前で自信をもって振る舞える自分になる→理想の相手と出会い、幸せな人生を送りたい→夏までに3キロ減量する→夕食後に20分間ウォーキングする。
  • 世界をまたにかけて仕事をする→半年後の社内留学制度に推薦される→英会話を身につけるために、毎朝30分間英語の勉強をする。

例えば私は今、朝の仕事始めの前にカラダを整えるエクササイズを行っています。ほんの10分程度ですが、このエクササイズを行うかどうかでカラダの“キレ”や“動きの感覚”、一日の疲労度までもが違います。

私の場合は施術やパーソナルトレーニングによって、患者さんの治療をしたり、クライアントのパフォーマンスアップに貢献したりするのが仕事。そのためには、まず自分自身が最高のパフォーマンス(施術、トレーニング、コーチング、コミュニケーション)を行う必要があり、カラダのコンディショニングはその前提条件だと考えています。

つまり、患者さんやクライアントに最高のサービスを提供する(目的)→自分自身のコンディショニングが大事→仕事前にエクササイズを行う という式が成り立っているので続けられているのだと思います。

あたなが習慣にしようと思っている行動の、「真の目的」は何ですか?

ぜひノートを開き、自分の言葉でつづってみてください。目的が明確になるまで、何度も自分に問いかけるのが大事ですね。

関連

開き直り

習慣化する目的を考えようにも、仕事や日常生活、目前の用事の処理に追われて、なかなか考えを深めるのは難しい…

そんな方に朗報!

実は自分自身の考えを深め、真の目的を明確にするのに「アロマ(芳香、香り)が一役買ってくれます。

人は五感から外界の情報を集め、それをもとに思考・判断を行っています。五感の中でも嗅覚による香りの情報は、ダイレクトに脳の深いところ(大脳辺縁系)に届き、人の思考や感情に働きかける効果があります。

自分とつながり、自分を深く知るためのコミュニケーション。あなたも、その魅力の一端を体験してみませんか。

詳しくはこちらから知ることができます→アロマスピリットコール

香りが心身にもたらす良い効果は、以下の記事もご参考ください⏬

この記事をシェアする

コメント

  •  目標を持ち、それに向けて頑張ろうという意志があると、途中で諦めずに、成し遂げる事が出来るものなんですね
     チャレンジ方針で、頑張りたいと思います(^^)

    by yuki 2019年11月4日 4:20 PM

    • yukiさん コメントありがとうございます。
      そのとおりですね。深く深く自分と向き合うことが大切ですよね^^

      by fumifumi 2019年12月1日 7:38 AM

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ☆痛みなく動けるカラダづくり

【大失敗】「体力アップ」のはずが、カラダを壊す意外な食事法〈ワースト3〉
【目的別】運動は“いつ”やるのが効果的なのか?
【もう悩まない】腰痛との正しいつきあい方を知って、もっと健康になる
more...

folder 免疫力アップのコツ

【新型ウイルスに負けない!】自分自身の“免疫力“を高める方法〈ベスト3〉
免疫力を高めるストレス解消法
免疫力をアップさせる運動のコツ
more...

folder 快眠術

寝酒は逆効果!お酒を飲んでも熟睡できる方法
【悩まない】どうしても眠れないときにとるべき、疲労回復のコツ
やってはいけない!快眠を妨げる寝る前の行動
more...