こころとからだの健康掲示板

こころとからだの関連性(心身一如)から「真の健康」を目指します!!

一切唯心造.川端知義さんの講義から

calendar

Pocket

川端知義さんの講義!〜ご縁紡ぎ大学宮崎 第3講義にて〜

  • 言葉が現実を作っている.イメージ通りの世界を作ったのは,自分.だから,いい言葉を使おう.肯定語で語ろう.
  • 否定語は「恐れ,脅迫」が根底にある一方で,肯定語は「愛,ワクワク感」が根底にある.肯定語を選んで自分にも,相手にも語りかけることは,愛に満ちた,ワクワクした人生を実現させる.あなたは,自分で自分に肯定語をかけていますか?
否定語 肯定語
廊下を走るな 廊下をゆっくり歩こう
失敗したらダメだ 失敗してもいいよ
男は泣くな 泣いてもいいよ
どうして他の人みたいにできないの あなたは,あなたらしくでいいよ
そんなに怒るな どうしたの?(何があったの?
どうしてできないんだろう どうやったらできるかな
やっぱりダメだ できるまでチャレンジしてみよう

 

  • 人は,世の中を自分というフィルター,色眼鏡を通して見ている.起きている事実は変わらないのに,自分が見たいように解釈して見ている.だから,まずは自分の信念(思い込み,プログラミング)に気づいて,信念を外してみよう.思い込みを外せば,今まで気づかなかった(見ていなかった,見ようとしていなかった)真実を知って,新しい世界と出会える.いつでもチャレンジできる,思い込みのフタは外れているよ!
  • 他者を見るときも,自分のフィルターを通して見ている.他者 の好きな/嫌いなところ.それはすべて,自分の好きな/嫌いなところを反映してる.「あの人の,こんなところが好き!」→それがあなた!認めてあげよう.
  • 一切唯心造(いっさいゆいしんぞう,禅語).この世は人生という「劇場(ライフシアター)」であり,自分の心がすべてを作りだしている.人は自分の信念体系を実現するような人生を歩んでいる.だから,心の底で思っていること(出来事,出会い)が目の前に現れる世間で出会う人物のキャラクターを作り出したのも,自分.だからいつも,自分の心をワクワクさせておこう.
  • 愛の正三角形理論自分が他者を愛する,他者が自分を愛する,自分が自分を愛する.これらはすべて同じ割合.だからまずは,無条件に自分で自分を愛して,認めてあげよう.自分の心が幸せで溢れていれば,まるでシャンパンタワーのように,次々に幸せが周りにも充ち充ちていくから.

愛の正三角形理論

結びに

ふだん自分がどんな言葉を使っているのか,自覚することは少ないかもしれません.でも確実に,自分の発する言葉が自分の出会う世界を,人生を造っています.だからこそ肯定語を発して,愛とワクワクに充ちた人生を送りたいですね♪ 自分で自分を無条件に認めてあげるのも,すごく大事です.もし自分をストイックに追い詰め,厳しく接していたら,その脅迫感は周りの人にも伝わっているかもしれません.自分で自分を認める,許す,愛することができたら,その幸せなエネルギーは,あなたも相手をも幸せな人生へつながります.川端さんのお話から,人生を幸せにする言葉の選び方,想いの伝え方を学びました.

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder 「免疫系」を知る

免疫力を高めるストレス解消法
免疫力をアップさせる運動のコツ
“免疫系の暴走”を抑えるのも,食事から!〜食物繊維の役割〜
more...

folder からだを整える

ケガ直後の初期対応は、まずアイシングを!
自律神経パワーを高めるカギは、生活習慣と体力にあり
「呼吸」を大事にすると心と体が健康になる<実践編>
more...

folder コミュニケーション

ほめる達人という生き方セミナー&ほめ達!検定3級 受講しました
アナウンサーに教わった、「伝わる」話し方
想いを伝える力(伝達力)は,マインドから学ぶ.<読書評>
more...

folder 季節ごとの快適な過ごし方

お正月の過ごし方で年始のスタートダッシュが決まる!
痛みの原因は「冷え」と「乾燥」?この時期に気を付けたい冷え対策
残暑こそ夏バテ・冷え症に要注意!
more...

folder 療法士向け

体幹疾患の臨床推論−障害発生プロセスから−
姿勢と動作の成り立ち−筋緊張制御の仕組み−
腰痛の臨床推論-見逃せないレッドフラッグと神経症状-
more...

folder 脳の働きを知る

「心」とは?
人の行動は脳内物質に支配されている⁉︎
愛着と嫉妬は紙一重⁉︎ “愛情ホルモン”オキシトシンの意外な一面.
more...