こころとからだの健康掲示板

こころとからだの関連性(心身一如)から「真の健康」を目指します!!

『運を引き寄せる魔法の習慣(松永修岳 著)』書評

calendar

Pocket

あなたは「運を良くしたい」、「運命を変えたいな」と思ったことはありませんか?

運命を変えるきっかけは、意外にもすでに身の回りに来ているかもしれません。

自分自身のふだんの心がけやちょっとした行動の積み重ねが運を引き寄せ、運命を変えていくのだ!と勇気をくれる一冊です。

「運命を変える大原則」に加えて、<恋愛運、金運、仕事運、幸運>を引き寄せる行動の習慣が紹介されています。

スポンサーリンク

運命を変えるカギは好奇心に隠れている

じつは運命を変えることは、それほど難しいことではありません。

そのきっかけは、好奇心の中に隠されています。

なになに? おもしろそう! どうして?

ふっと気にかかって、なぜか心を動かされること。

好奇心は、頭で考えて生まれるものではありません。

それはあなたの運命を変えるサインのようなものです。

それを敏感にキャッチして、知ろうとすることから、運命は変わり始めるのです。(19ページより)

著者によれば、なぜかいいことばかり起こる人は、「無意識」のひらめきや好奇心をきっかけにして、意識せずに運を良くする行動をしているといいます。

スケジュールややるべきことに追われる毎日では、ふと心に浮かんだ疑問や興味・関心を流していってしまっているかもしれません。

しかし、「無意識」に自分の頭に浮かんだひらめきや好奇心こそ、運を引き寄せ、運命を変えていくきっかけになるのですね。

そして無意識のひらめきや好奇心を残して、一歩でも行動してみる。例えば、気になった事柄についてネット検索してみる、本を読む、以前から気になっていたお店のランチに行ってみる、など。

常に自分のアンテナが反応するところを探していて、それをきっかけに小さな行動を起こすことが大切ですね。

運を招いて、育てて、花開かせる

ハッピーピグレット

「運勢」といわれるように、運は上がり下がりを繰り返しながら循環しているといいます。そして、「運のいい人」というのは、運勢が好調なときに波に乗って一気に上昇していきます。

好調な運勢に乗って飛躍していくためには、
“常日頃から自分の運を自分の力で上げていくこと” が大切です。

それが運を自分で管理しコントロールする、ラック・マネジメント」です。

運には次のような段階があって、自分がどの段階にいるかによってとるべき行動が変わってきます。

  1. 招運
  2. 育運
  3. 開運
  4. 幸運
  5. 強運

あなたの運のレベルはこちらのサイトでチェックすることができます。
運のレベルチェック|ラックマネージメント・フォーラム

実際にやってみると、こんなふうに「運レベル」と実践のアドバイスがいただけます。

ラックマネジメント

まさに運を招いて、育てて、大きく花開かせる。

運が上がっていく過程は、漫然と待っていては訪れません。

好奇心を大事にして、ちょっと行動してみる。
ひごろの運を高める行動から自分の実力をつけていく。
考え方や生活習慣を整えて、気分的にも体調にも充実した毎日を送る。

そうして、運命を自ら変えていきます

本書では章ごとにワークシートがあって、「なりたい自分」や「ワクワクする仕事のイメージ」など、自分の内面にきづく工夫がたくさんあります。

今すぐ実践したくなる習慣ばかりで、「最近いいことないなー」とか「運命を変えたい!」と思っているあなたに最適の一冊です!

あなたの素晴しい未来が開けますように🍀

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder 「免疫系」を知る

免疫力を高めるストレス解消法
免疫力をアップさせる運動のコツ
“免疫系の暴走”を抑えるのも,食事から!〜食物繊維の役割〜
more...

folder からだを整える

ケガ直後の初期対応は、まずアイシングを!
自律神経パワーを高めるカギは、生活習慣と体力にあり
「呼吸」を大事にすると心と体が健康になる<実践編>
more...

folder コミュニケーション

ほめる達人という生き方セミナー&ほめ達!検定3級 受講しました
アナウンサーに教わった、「伝わる」話し方
想いを伝える力(伝達力)は,マインドから学ぶ.<読書評>
more...

folder 季節ごとの快適な過ごし方

お正月の過ごし方で年始のスタートダッシュが決まる!
痛みの原因は「冷え」と「乾燥」?この時期に気を付けたい冷え対策
残暑こそ夏バテ・冷え症に要注意!
more...

folder 療法士向け

体幹疾患の臨床推論−障害発生プロセスから−
姿勢と動作の成り立ち−筋緊張制御の仕組み−
腰痛の臨床推論-見逃せないレッドフラッグと神経症状-
more...

folder 脳の働きを知る

「心」とは?
人の行動は脳内物質に支配されている⁉︎
愛着と嫉妬は紙一重⁉︎ “愛情ホルモン”オキシトシンの意外な一面.
more...