こころとからだの健康掲示板

こころとからだの関連性(心身一如)から、「健康で幸せ(well-being)」な過ごし方を提案します

【名言】メンタルの強い人は何が違うのか?失敗から気持ちを切り替えるコツ

calendar

reload

【名言】メンタルの強い人は何が違うのか?失敗から気持ちを切り替えるコツ
Pocket

自分に自信がもてない、失敗を引きずる、人から言われたことで傷つきやすい…

そんな自分のメンタル面の弱さに課題がある、と感じている人は多いのではないでしょうか。

職場でいえば、役職が上がったり、外部の人との付き合いが増えたりすると、なおさらメンタル面の強さ(メンタルタフネス)が求められます。

わたしも以前は、他人にどう見られているのかが気になって思い切り動けなかったり、いざという場面で力んでしまったりして、自信を持てずにいました。

そこで、気持ちを切り替える方法や失敗から立ち直る方法をひたすら探し、自己啓発本も読み漁りました。そうしていろいろな方法を学んだり、試したりしているうちに、メンタルコントロールの術を獲得できてきました。

「失敗すると、ズルズルと気持ちを引きずってしまう」とお悩みの方に読んでいただき、仕事やスポーツの大事な場面で実力を発揮する、そのお役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク

スーパースターほど、多くの「失敗」をしている

失敗と向き合う

偉大な成功な、多くの挑戦と失敗に裏付けられています。

日々、成功や失敗とシビアに向き合っているトップアスリートの世界。彼らどのように考えてきたのでしょうか。

アメリカの元プロバスケットボール選手で、その輝かしい実績から“バスケットボールの神様”とも評されるマイケル・ジョーダン。

彼は、失敗との向き合い方について次のように述べています。

10本連続でシュートを外しても

僕はためらわない。

次の1本が成功すれば、

それは100本連続で成功する

最初の1本目かもしれないだろう。

たとえシュートを外しても、その直後に考えているは、もう、次の一本のシュートのこと。

過ぎ去ったことをどんなに思い返しても、結果は覆りません。

それよりも終わった瞬間に、次のプレーに意識を向けることで、次の成功の確率が上がるのは間違いありません。

続いて、言わずと知れた日米のスーパースター、イチロー。

彼を含めて世界で過去に3人しか達成していない、日米通算4,000本安打を記録したときの会見で語った言葉が印象的でした。

こういうときに思うのは、別にいい結果を生んできたことを誇れる自分ではない。

誇れることがあるとすると、4000のヒットを打つには、僕の数字で言うと、8000回以上は悔しい思いをしてきているんですよね。

それと常に、自分なりに向き合ってきたことの事実はあるので、誇れるとしたらそこじゃないかと思いますね。

偉大な成功の裏には、その何倍もの失敗や悔しい思いをしてきているのですね。

なので彼自身は、現れた成功に自信をもっているのではなく、失敗から逃げずに向き合ってきた自分を誇れると言っているのです。

私たちも、日々の仕事で成果に一喜一憂するのではなく、その結果を出すための準備にどれだけ心血を注ぎ込んできたのか

そこにフォーカスするのが大切ですね。

大事なのは、「行動し続ける」こと

シュート

目先の成功や失敗以上に大事なのは、次の一本のために“行動し続ける”ことです。

そもそも、私たちが経験する失敗の多くは、それほど深刻なものでしょうか。

大手出版社の編集長で、数々の起業家の著書をベストセラーにしてきた箕輪厚介氏。彼の著書のタイトルこそ、まさに『死ぬこと以外かすり傷』で、読者に次のようなメッセージを送っています。

生き方、働き方、商売の仕方。
今後5年で、すべてのルールが変わる。
今までのやり方を捨て、変化に対応できる者だけが勝つ。
無知こそ武器だ。バカになって飛べ!
こっちの世界に来て、革命を起こそう。

激動する現代社会においては、今の成功や失敗は、すぐに価値が転換していく可能性が高いのです。常識とされていたものでさえ、数年後には常識でなくなります。

10年前に、現在のようなスマホの隆盛を予測できた人がいたでしょうか。

いま目先の成功や失敗にとらわれず、次の一歩を踏み出す。

変化する時代に柔軟に対応する。

それには、行動し続ける他ありません。

むすびに

いかがだったでしょうか?

失敗しても気持ちを切り替えるための考え方をご紹介しました。

まとめると、次の4つ。

  • 一流のアスリートでさえも、数多くの失敗をしたからこそ、偉大な成功をしている。
  • 終わった瞬間、次のプレーをこなすことだけに意識を向けている。
  • 目先の結果ではなく、それまでのプロセス(準備)に100%集中する。
  • 変化の激しい現代には、失敗か成功かを考えるよりも、行動し続けるのが大事。

ぜひふだんのビジネスシーンや大事な場面で、あなたの実力を発揮するのにお役立ていただければ嬉しいです🍀

失敗したところでやめるから失敗になる。

成功するまで続けたら、それは成功になる。(松下幸之助)

“幸せホルモン”足りていますか?「セロトニン」を増やす4つの習慣でストレス解消! 

☆タフなメンタルは、鍛えられた体力に支えられています。ハードな交渉やトレーニングに負けない体づくりのために、十分な栄養補給もお忘れなく。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ☆痛みなく動けるカラダづくり

【シンプル】最高の健康づくりは、自分のカラダの声に従うこと
【むくみ、冷え、肩こり解消】デスクワークの人にも大事な水分補給のコツ
【朗報】お酒を飲んでも太らない方法があった!(書評)
more...

folder 免疫力アップのコツ

免疫力を高めるストレス解消法
免疫力をアップさせる運動のコツ
“免疫系の暴走”を抑えるのも,食事から!〜食物繊維の役割〜
more...

folder 快眠術

寝酒は逆効果!お酒を飲んでも熟睡できる方法
【悩まない】どうしても眠れないときにとるべき、疲労回復のコツ
やってはいけない!快眠を妨げる寝る前の行動
more...