健“幸”の流儀

最高のカラダとココロを手に入れる 

「徳を積む」には,相手の発信する情報を受動的に受け取る.

calendar

reload

「徳を積む」には,相手の発信する情報を受動的に受け取る.
Pocket

セラピスト、治療家としては無論のこと、人生における師匠にいただいた言葉です。

人間的魅力、人間力、愛の大きさに敬愛して尽きません。

心よりの深謝を込めて、ここに書き記します。

ひとの病気に至ったプロセスを診るときには、

幅広い知識に沿った「能動的」な評価より、

患者さま自らが発信している正確な情報を「受動的」に

受け取ることが肝要です。

 

セラピスト自身の人間力によって患者は心を開き、

心を開かれた患者は莫大な情報(エネルギー)を発信します。

その情報を、心を「無(空)」にして受動的に受け取り、

受け取った情報を自分の知識によって整理します。

 

人間力を高めるのは山野の修行ではなく、

目の前にいる患者を一生懸命に診る、ことです。

患者がセラピストとの出会いに感謝の心を持てれば、

それが「徳を積む」ことになります。

2013.5.7

知らないことを知ろう、より上手くなろうと努力した結果、自分の知識の枠で相手を捉えてしまいがちです。それは、あたかも色眼鏡をかけて世界を見ているようです。

そうではなくて、まず相手が発信している情報を(禅でいう、“空”の心受動的に受け取る。自らの知識は、受け取った情報を整理するために用いられる。

その正確な情報を得るためには、相手に心を開いてもらうだけの人間力を自分が身に付けておかねばなりません。そのためには、目前の一人と一生懸命に向き合うことだと、教えてくれています。

合わせて、“今の自分の人間力のレベルにふさわしい人が、ちょうど目の前に現れる”とも教わりました。だからこそ、目の前の出会い、ご縁を大事にすること、自身の人間力を磨き続けることが肝要であると。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ☆痛みなく動けるカラダづくり

【大失敗】「体力アップ」のはずが、カラダを壊す意外な食事法〈ワースト3〉
【目的別】運動は“いつ”やるのが効果的なのか?
【もう悩まない】腰痛との正しいつきあい方を知って、もっと健康になる
more...

folder 免疫力アップのコツ

【新型ウイルスに負けない!】自分自身の“免疫力“を高める方法〈ベスト3〉
免疫力を高めるストレス解消法
免疫力をアップさせる運動のコツ
more...

folder 快眠術

寝酒は逆効果!お酒を飲んでも熟睡できる方法
【悩まない】どうしても眠れないときにとるべき、疲労回復のコツ
やってはいけない!快眠を妨げる寝る前の行動
more...