こころとからだの健康掲示板

こころとからだの関連性(心身一如)から「真の健康」を目指します!!

『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント(ロバート・キヨサキ著、白根美保子訳)』書評

calendar

Pocket

私はこの本を読んで、お金や将来の経済状況に関する考え方がガラリと変わりました。

『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント(ロバート・キヨサキ著、白根美保子訳、筑摩書房)を読むと、こんな人生の送り方があるのか!?という驚きにあふれます。

今回は本書で紹介されている経済的自由を得るために必要な考え方を、キャッシュフロー・クワドラントをはじめとしてご紹介します。

スポンサーリンク

キャッシュフロー・クワドラント

まず「キャッシュフロー・クワドラント」とは、お金の流れ(どこから収入を得ているか)によって分類される4種類を示しています。

キャッシュフロー・クワドラントは収入を得るための、つまりお金を生み出すための4つの異なる方法を表している。

例えば、従業員は自分以外の個人あるいは会社のために働いて給料をもらう。自営業者は自分のために働いて収入を得る。ビジネスオーナーは自分が所有するビジネスから収入を得、投資家は投資から収入を得る、つまりお金にお金を生ませるのだ。(38ページより)

キャッシュフロー・クワドラントを理解すれば、いま自分がどこに属しているのか、経済的自由に続く道を選んだとしたら、将来どこに所属したらいいのか、そこに到達するにはどんな道をたどったらいいか、そういうことがわかってくる(26ページより)

自分の所属するキャッシュフロー・クワドラント(従業員/自営業者/ビジネスオーナー/投資家)が異なると、そこで必要な心構えや技術、知識、教育も変わってきます。

私たちの多くは、家庭や学校教育のなかでお金の使い方、生み出し方について多くを学んではいません。だから「安定した仕事を求める」ようになっているのだと、著者は指摘しています。

安定した仕事は産業革命時代には有利に働きました。決まった時間に同じ内容をこなし、一定の給料を得る。雇い主も安定した労働力によって多量の商品供給が可能となったからです。

しかし経済や社会保障システムが激変し、膨大な情報が流通する時代において、「真の安定=安定した仕事」ではなくなってきているのも事実です。いつ自分の仕事や経済状況が一変するかもわかりません。

そんな時代における経済的安定は、お金を生み出すようにお金を働かせる方法(=投資)を学ぶことにあると著者はいいます。そして経済的安定こそ、「自由」を得るために欠かせないと。

自分が今、どのクワドラントにいて、将来はどのクワドラントにいたいのか。それによって学ぶべき知識やスキルは変わってきます。

ファイナンシャル・インテリジェンス

ファイナンシャル・インテリジェンス

「ファイナンシャル・インテリジェンス」とは、会計、投資、市場の理解、法律の理解など、経済的自由を獲得するために必要な知識として紹介されています。

ファイナンシャル・インテリジェンスで肝心なのは、お金をいくら儲けるかではなく、どれだけ自分のものにしておくことができるか、そのお金をどれくらい効果的に働かせることができるか、そして、それを何世代にわたって続けることができるかだ(87ページより)

例えば、「資産」「負債」の違い、お金の流れを理解しておくことも必要です。『金持ち父さん貧乏父さん』で紹介される“金持ち父さん”によれば、次のように定義されます(165ページより)。

  • 資産:あなたのポケットにお金を入れてくれる
  • 負債:あなたのポケットからお金をとっていく

そうすると貸借対照表でみれば、持ち家は負債の欄に入ることになります。

エモーショナル・インテリジェンス

ファイナンシャル・インテリジェンスと合わせて、経済的自由を獲得するために大切なのが、「エモーショナル・インテリジェンス(感情面の知性)」
つまり感情をコントロールする術を学ぶことです。

なぜなら優れた投資家は、周囲からの甘い言葉に惑わされたり、経済恐慌に慌てたりせずに、きちんと数字をみて、頭で考えて判断しているというのです。

人がお金で苦労する最大の原因は、お金を失うことに対する恐怖にあると思う。

この恐怖のために人間は安全第一に考えすぎたり、自分で何でもコントロールしようとしたり、また逆に人任せにして、専門家だと自分が思う人にお金を託し、必要になたときにそのお金があるようにと願い、祈る。(217ページより)

本書を通して著者は、投資の方法論ではなく、「どんな人間になりたいか」という考え方が大切だと繰り返し述べています。

「投資」と聞くと、リスクの高いバクチのような印象を持っていましたが、著者は「無知であるのがリスクだ」といいます。

そして考え方を変えることー「投資は危険だ」という先入観から、「賢くやろう。リスクをコントロールする方法を学ぼう」と考えるーを薦めています。

「失敗」の捉え方も同様です。失敗を過度に恐れることなく、むしろ失敗の中から学び、次の成長へつなげていく心がけが大切です。なぜなら私たちは失敗したときに、いちばんよく自分について学ぶからです。

社会で働き、生活するすべての人にとって、お金の流れや資産形成の考え方を学んでおくことは有意義だと思います。

また経済的自由を得ようと、あなたの望むクワドラントの考え方を身につけ、ファイナンシャル・インテリジェンスを学んでいくことが大切ですね。

将来の自分の経済状態に責任をもつために!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder 「免疫系」を知る

免疫力を高めるストレス解消法
免疫力をアップさせる運動のコツ
“免疫系の暴走”を抑えるのも,食事から!〜食物繊維の役割〜
more...

folder からだを整える

ケガ直後の初期対応は、まずアイシングを!
自律神経パワーを高めるカギは、生活習慣と体力にあり
「呼吸」を大事にすると心と体が健康になる<実践編>
more...

folder コミュニケーション

ほめる達人という生き方セミナー&ほめ達!検定3級 受講しました
アナウンサーに教わった、「伝わる」話し方
想いを伝える力(伝達力)は,マインドから学ぶ.<読書評>
more...

folder 季節ごとの快適な過ごし方

お正月の過ごし方で年始のスタートダッシュが決まる!
痛みの原因は「冷え」と「乾燥」?この時期に気を付けたい冷え対策
残暑こそ夏バテ・冷え症に要注意!
more...

folder 療法士向け

体幹疾患の臨床推論−障害発生プロセスから−
姿勢と動作の成り立ち−筋緊張制御の仕組み−
腰痛の臨床推論-見逃せないレッドフラッグと神経症状-
more...

folder 脳の働きを知る

「心」とは?
人の行動は脳内物質に支配されている⁉︎
愛着と嫉妬は紙一重⁉︎ “愛情ホルモン”オキシトシンの意外な一面.
more...