こころとからだの健康掲示板

こころとからだの関連性(心身一如)から「真の健康」を目指します!!

起業家と従業員の考え方の違い『金持ち父さんの起業する前に読む本 ビッグビジネスで成功する10のレッスン』書評

calendar

Pocket

本書では、これから起業家をめざす人や新米起業家が成功するための動機づけ、重要なフレームワーク(B-Iトライアングル)、感情のコントロールなどが、10個のレッスンとして書かれています。

スポンサーリンク

起業家として成功するステップ

著者が提示する「新米起業家になるためのステップ」がこちら。

  1. ビジネスを始める
  2. 失敗して学ぶ
  3. 「よき師」を見つける
  4. 失敗して学ぶ
  5. セミナーや講座をとる
  6. 何度も失敗して学ぶ
  7. 成功したら立ち止まる
  8. 成功を祝う
  9. 儲けたお金、損したお金を数える
  10. このプロセスを繰り返す

このサイクルをできるだけ短時間で回していくことが大切だといいます。

まず「ビジネスを始める」がスタートとして書かれています。当たり前だろうと思いますが、しかし「始める」ことができない人が大勢いるからこそ、「始める」ステップが欠かせないのでしょう。

起業家は失敗から学ぶ

大勢の人が実際に始められないのは、失敗や間違いに対する恐怖があるからだといいます。

しかし本書中では成功者になるために、「失敗や間違いから学ぶこと」の大切さを繰り返し説いています。

間違いに関するその人の姿勢が、人生で最終的に成功を収めるかどうかを決定する(79ページより)

これは起業家であるうえで避けては通れない道だといいいます。なぜなら、“起業家の仕事は間違いを犯すこと”であり、“従業員の仕事は間違いを犯さないこと”だからです。

失敗をおかすことの恐怖は、「失敗が悪い結果を生むのではないか」という恐怖、「失敗すると人に悪く思われるのではないか」という恐怖があるといいます。

しかし、私たちはいつだって、失敗して、それを乗り換えたときに新しい自分と出会ってきています。既存の考えややり方に疑問をもち、それを改善しようとチャレンジするところに新しいビジネスがあります。

一時の失敗や間違いで心を痛めるでしょう。その失敗から学び、上手く行く方法を試みることで、もっと大きな成長や幸せ、成功があります。

まずは、スタートすることからです。自転車がなければ自転車に乗る練習ができないように、ビジネスがなければビジネスの練習をすることはできません。

真の起業家は走り始めてから、自分自身やビジネス、製品に改良を加え続ける。多くの人は、すべてが完全になるまでスタートしない。永久にスタートしない人が大勢いるのはそれだからだ。(22ページより)

従業員であり続けることに疑問や不満をもち、これから起業家をめざす人にオススメの一冊です。

まず「起業家になろう」という強い心構えを確認し、本書で紹介されるいくつかの質問や、ビジネスに必要なフレームワーク(B-Iトライアングル)を考えることから始めてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder 「免疫系」を知る

免疫力を高めるストレス解消法
免疫力をアップさせる運動のコツ
“免疫系の暴走”を抑えるのも,食事から!〜食物繊維の役割〜
more...

folder ぐっすり眠る

【悩まない】どうしても眠れないときにとるべき、疲労回復のコツ
やってはいけない!快眠を妨げる寝る前の行動
「年齢」で変わる!自分にあった睡眠時間の見つけ方
more...

folder 脳の働きを知る

「心」とは?
人の行動は脳内物質に支配されている⁉︎
愛着と嫉妬は紙一重⁉︎ “愛情ホルモン”オキシトシンの意外な一面.
more...