健“幸”の流儀

最高のカラダとココロを手に入れる 

不登校・引きこもりの原因かも…「睡眠相後退症候群」の実態と対処法

calendar

reload

不登校・引きこもりの原因かも…「睡眠相後退症候群」の実態と対処法
Pocket

こんにちは、ふみあきです。

今回は、体内時計が乱れることで症状が現れ、ふだんの活動や社会生活に支障をきたすようになる病態を紹介します。

それが、「睡眠相後退症候群」すいみんそう こうたい しょうこうぐん)

夏休み明けに子どもが不登校になる、新社会人が初めての連休明けに出社できなくなる、きっかけの一つだとも言われています。

病態を正しく知ることで、自分や子どもの生活を守っていくことができます。

*参考:朝起きられず、昼夜が逆転 背後に潜んでいた二つの病気(朝日新聞デジタル)

スポンサーリンク

体内時計と社会的時計のズレが問題

歩けない

本来、人がもつ1日周期の体内時計(概日リズム)は、約24.5〜25時間といわれています。つまり、社会的な24時間時計とズレがあるんですね。

私たちは日々、そのズレを修正しながら社会生活に適応しています。

しかし、長期休暇や海外旅行などで生活リズムが変わってしまうと、体内時計と社会時計に生じたラグをリセットできなくなってしまうのです。

睡眠相後退症候群は、“睡眠に入る時間が本来望ましい時間よりも遅くなり、その結果さまざまな生活の質の低下や不都合を伴っている状態”(メディカルノートより)

典型的な症状は以下のようなもの。

  • 睡眠時間が遅くにずれ込んでおり、午前1〜4時頃に就寝し、昼近くに起床する生活スタイル
  • 布団に早く入っても寝つきが悪く、朝も望ましい時間に起きられない
  • 時間通りに学校や仕事に行けないなど、社会生活に影響を及ぼす
  • 無理に起きたとしても、眠気や頭痛・頭重感・食欲不振・易疲労感などの身体的不調を訴えて、学業や仕事のパフォーマンスに悪影響が生じる
  • その結果、成績の低下や仕事の失敗などにつながり、うつ病などを発症するケースもある

思春期や青年期に多いのが特徴。これらの人では、体内時計のデフォルトが25時間よりも長いため、そのリセットが難しいためではないかと考えられています。

とくに夏休みなどの長期休暇で生活リズムが変わり、休み明けに朝起きられなくなるというパターンがみられます。放っておくとその生活が定着してしまい、学校や会社にいけなくなるなど、社会生活に支障をきたすことも。症状が長引く場合は医療機関を受診することが薦められます。

治療では主に、「生活習慣の改善」「薬物療法」が併用して行われます。

生活習慣の改善では、入眠を促すホルモン「メラトニン」をきちんと分泌させることがカギ。

例えば、

  • 朝起きたら朝日を浴びる
  • 午前中に体を動かす
  • 夕方以降に強い光を浴びない
  • 寝る前のスマホやゲームをやめる など

薬物療法では、メラトニンは抗精神病薬などが選択されることもあります。ただ睡眠相後退症候群には保険適用外で、その使い方には医師から適切な指導を受ける必要があります。

☆朝の光は、体内時計をリセットするのに最高です。光目覚ましは、時間になると明るくなって、自然な目覚めを助けてくれます。

基本は、規則正しい生活を続けること

朝日

そもそも人の体は「恒常性」という、内部状態をある程度一定に保つシステムを備えているため、変化を嫌い、激しい環境変化に適応するのも苦手です。

長期休暇などで崩れた生活リズムや環境から、休み明けにすぐ元のリズムを取り戻すのは至難の技。

やはり、ふだんから規則正しい生活リズムを身につけ、そのペースを大きく変えないことが、心と体の健康を維持する最大の秘訣です。

そして、私たちの体は自然の一部であり、“朝日とともに起きて、夕日が沈めば休む”という自然の理を大事にしたいですね。

☆体内時計の乱れは、自律神経の働きと密接に関連します。自律神経のバランスを崩す生活習慣をしていませんか?チェック→自律神経を乱す4つの原因と対処法−生活習慣から心と体を整える−

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder 免疫力アップのコツ

免疫力を高めるストレス解消法
免疫力をアップさせる運動のコツ
“免疫系の暴走”を抑えるのも,食事から!〜食物繊維の役割〜
more...

folder 快眠術

寝酒は逆効果!お酒を飲んでも熟睡できる方法
【悩まない】どうしても眠れないときにとるべき、疲労回復のコツ
やってはいけない!快眠を妨げる寝る前の行動
more...