こころとからだの健康掲示板

こころとからだの関連性(心身一如)から「真の健康」を目指します!!

残暑こそ夏バテ・冷え症に要注意!

calendar

Pocket

朝夕の涼しさに秋の気配を感じるようになってきました.何度となく「観測史上最高気温を更新!」と耳にしたでしょうか…異常なほどの暑さとなった今年の夏もあとすこし.

やっと過ごしやすい季節になってくるかなと期待しますが,残暑の時期だからこそ注意したい体調管理があります.

それが,夏バテ冷え症です.

「夏バテって,夏真っ盛りになるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが,実は季節の移り変わるこの時期にも夏バテ症状を訴える方は少なくありません.

あなたが最近になって,こんな症状を感じていたら夏バテの危険性があります.

  • 朝,すっきりと起きられない
  • 日中にも体の重だるさや眠気を感じる
  • 首や肩のこり,頭痛がする
  • 食欲不振や,お腹の調子が悪い
  • イライラしやすい
  • 手足の冷えやむくみ

冷え症も夏バテと関係があります.手足が冷える他に,顔がほてる,むくみやすくなるなどの症状も,末端の血流が悪くなる,つまり冷え症が原因の可能性があります.

カギになるのは屋内外の温度差と,その調節に働く自律神経の疲弊です.

夏バテ

快適な冷房環境が自律神経を疲弊させる!?

外の酷暑に対して,室内や店内では冷房が効いて快適な環境です.私たちの身体は,周囲の環境変化に対して体内の環境を一定に保つために,自律神経を働かせて調節しようとします(生体恒常性).つまり,暑い環境では皮膚表面の血流をよくして汗をかきやすくし,熱を放散しようとします.

一方,冷房のきいた涼しい環境では血流を下げて,熱の放散を抑えます.自律神経は全身の血管の収縮・弛緩を調節することで,血流を変え,体内環境を一定に保っているのです.現代では一日中,冷房のきいた室内で過ごすことも珍しくありません.こうすると血管が収縮したままとなってしまい,血流が滞り,冷え症を招きます.「冷房病」と呼ばれたりもします.

冷え症

冷房のきいた環境にずっといることで,知らぬ間に身体が冷えています.

こうした室内外のめまぐるしく激しい環境変化にさらされると,自律神経が疲弊してしまいます.自律神経が疲弊した結果,重だるさや肩こり,食欲不振や胃腸の不調などを招いてしまうのです.

近年になって症状を訴える人が増えている「寒暖差アレルギー」も,自律神経の働きと関係します.寒暖差アレルギーは,季節の変わり目などに急激な温度変化が原因となって,風邪やアレルギーのような症状(鼻水,くしゃみ,鼻づまりなど)が出るものをいいます.専門的には「血管運動性鼻炎」と呼ばれます.かつては外気の温度差が激しいときに患者が増えたようですが,今では真夏や真冬のエアコンによる,室内外の温度差も寒暖差アレルギーを引き起こす原因となっているようです.やはり自律神経の乱れによって症状が引き起こされます.

身体の細胞は90日をかけて次々に入れ替わるといわれます.つまり夏前からの習慣が身体に影響を及ぼし,季節の移り変わる時期に,夏バテ症状として現れやすくなるのです.季節の変わり目,この時期の体調管理のポイントをまとめます.

環境管理

  • 外と室内の温度差が5℃以内となるように,エアコンの設定温度を調節する.室内の温度はエアコンの設定温度通りでなくて,温度計を用いてモニタリングしましょう.
  • 冷房の効いた部屋で身体が冷えすぎないように,衣服やひざかけなどで調節する.

健康管理

  • 血行促進のため,筋肉を動かす運動をする.ストレッチや軽めの有酸素運動などがオススメです.軽めの運動はセロトニンという神経伝達物質の分泌を高め,ストレス解消や免疫機能アップにも有効です.さらに自律神経を整えるうえでは,脊柱(背骨)を大きく動かしましょう.
  • 身体の内側から温める食べ物を摂る.暑い夏の時期には,冷たい飲み物や食べ物で胃腸が冷えがちです.旬の野菜やショウガ,ネギ,ニンニク,カボチャなどの身体を温める食材,消化時に熱を産生するタンパク質を摂りましょう.
  • 入浴(浴槽につかる)で身体の芯から温まる.シャワーだけで済ますよりも,お湯につかることで深部体温が上がり,血行促進につながります.
  • 充分な睡眠時間を確保する.一日の活動で疲弊した自律神経を回復させるには,深い睡眠が一番です.カフェイン摂取やスマホ操作などに注意して,熟睡できるような状況を整えましょう.
  • 過度なストレスを避ける.ストレスが長引くと交感神経が優位に働くため,血管が収縮し,血流が滞ります.また免疫機能も低下します.過度なストレスを避けるような環境設定や対処法(ストレス・コーピング)を実践しましょう.
運動

適度な運動は,全身の血行を促進し,夏バテ・冷え症の解消に有効です!

スポンサーリンク

結びに

夏の厳しい暑さが和らぎ,だんだんと過ごしやすくなるこの時期だからこそ,夏バテ・冷え症に注意が必要です.酷暑や冷房環境をくぐり抜けてきたあなたの自律神経は,予想以上に疲弊しています.

環境と身体の両面から自律神経をいたわってあげてください.心と身体の調子を整えて,「○○の秋」といわれる素敵なシーズンを楽しくお過ごしください!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder 「免疫系」を知る

免疫力を高めるストレス解消法
免疫力をアップさせる運動のコツ
“免疫系の暴走”を抑えるのも,食事から!〜食物繊維の役割〜
more...

folder からだを整える

ケガ直後の初期対応は、まずアイシングを!
自律神経パワーを高めるカギは、生活習慣と体力にあり
「呼吸」を大事にすると心と体が健康になる<実践編>
more...

folder コミュニケーション

ほめる達人という生き方セミナー&ほめ達!検定3級 受講しました
アナウンサーに教わった、「伝わる」話し方
想いを伝える力(伝達力)は,マインドから学ぶ.<読書評>
more...

folder 季節ごとの快適な過ごし方

お正月の過ごし方で年始のスタートダッシュが決まる!
痛みの原因は「冷え」と「乾燥」?この時期に気を付けたい冷え対策
残暑こそ夏バテ・冷え症に要注意!
more...

folder 療法士向け

体幹疾患の臨床推論−障害発生プロセスから−
姿勢と動作の成り立ち−筋緊張制御の仕組み−
腰痛の臨床推論-見逃せないレッドフラッグと神経症状-
more...

folder 脳の働きを知る

「心」とは?
人の行動は脳内物質に支配されている⁉︎
愛着と嫉妬は紙一重⁉︎ “愛情ホルモン”オキシトシンの意外な一面.
more...