健“幸”の流儀

最高のカラダとココロを手に入れる 

“わがまま”に生きると自律神経が整い,健康になる.

calendar

Pocket

「あれをやらないといけない」「それが終わったら,次はこれをして💦」… 忙しい毎日を過ごすあなたは,多くの予定やタスクに追われ,ストレスを感じていないでしょうか.そのたびに「もう少しゆっくりしたいな」「たまには自分の時間がほしい」と感じながらも,日々が過ぎていく.

しかし忙しいときほど立ち止まってみるのが大事だと,本書『自律神経を整える 「わがまま」健康法(小林弘幸 著,角川新書)の著者はいいます.著者は自律神経研究における第一人者で,生活習慣や考え方によって自律神経のバランスが変動し,心と身体へどんな影響を及ぼすのかわかりやすく説明してくれます.

でも,そこでちょっとだけ立ち止まってほしいのです.

先に書いた「しなければならない」ことは,そもそも本当にしなければならないことでしょうか? もしかしたら,長年の慣例や習慣になっているだけで,むしろしないほうが良い状況をもたらす場合もあるのではないでしょうか?

「わがまま」に生きはじめると,これまであたりまえに思っていた常識や固定観念にとらわれることが減ってきます.なぜなら,自分の思うまま,感じるまま,考えるままに自由に生きているから−.

そして「わがまま」に生きていくことは誰にでもできることなのです.(「はじめに」より)

著者のいう「わがまま」とは,単に好き放題な言動をしたり,ルールやマナーを守らなかったりするような悪いイメージのものではありません.

むしろ,“あなたの譲れない一線や信念のようなもの”“あなたの生き方の根幹に関わる姿勢”を指しています.いわば,あるがままの自分(“我がまま”)なのです.

「わがまま」に生きる(自分の信念に沿って過ごす)ことで,つねに自律神経も安定した状態になるので,さらさらの血液が全身に行きわたり,疲労回復や頭をクリアに冴えさせるのにも役立つといいます.

「自律神経」は,心臓の拍動や血液循環,呼吸,消化と代謝など,身体のあらゆる生命活動の根幹を支えているシステムです.[緊張と活動]に働く「交感神経」と,[リラックスと弛緩]に働く「副交感神経」とからなります.現代生活では仕事や人間関係のストレス,情報の氾濫などに晒されて,交感神経が優位な状態が持続しがちです.

本書では,たとえ忙しいなかでも自分の時間をしっかりと充実させ,心身の健康を実現する,誰にでも実践可能な方法(生き方や暮らし方,人間関係の対処法など)が解説されています.

今回は,第4章 健康的に「わがまま」にこだわる から,心身を健康に保つ「わがまま」な生活習慣についてご紹介します.

スポンサーリンク

「わがまま」に生きると決めれば,自律神経が整い健康になる

忙しいときほど立ち止まり,ゆっくり動く

やるべき業務や次の予定に追われると,目の前のタスクを早く処理しようとしたくなります.しかしバタバタと作業をこなそうとすると“焦り”が生じます.このとき私たちの身体では,呼吸が浅く速くなり,筋肉の緊張も高まっています.そうすると脳や身体のすみずみまで十分な酸素が行きわたらず,行動もぎこちないものになってしまいます.

そんな毎日で健康を保つコツは,“ゆっくり”動くことにあります.

「すべきこと」への道筋を考えるためにも忙しいときほど焦点を絞り,まずはゆっくり始めることが大切になります.

周りがどれだけ焦っていようとも,優先順位を決めて,「わがまま」にゆっくりと取りかかるのです.(108ページより)

意識的にゆっくりと取りかかることで,自然と深い呼吸ができるようになります深い呼吸をすると自律神経のバランスが整い,思考や行動もスムースになります.すると無駄のない作業となり,結果的には早くことを済ませられるというのです.

「ゆっくり」は,行動だけでなく,「話す」ことにもあてはまります.一気呵成に話す際には,やはり交感神経が高ぶって,血流は滞ってしまいます.一方ゆっくりと話そうと意識すれば,脳に充分な血液が行きわたり,冷静な思考や説得力ある話し方につながります.

忙しくて自分を見失いそうなときほど,“さて何から始めようか”と立ち止まり,姿勢や呼吸を整えてみてください.

深呼吸

忙しいときほど,立ち止まりましょう.

食事は「わがまま」に,良いものをゆっくりと味わいながら食べる

食事もゆっくり食べることで自律神経を整えることができます.よく噛んで食べると口腔内で消化活動が進むため,唾液に含まれる酵素が食物を分解し,その後の胃の負担が軽くなるのです.

忙しいからといってランチを大慌てで済ませてしまうと,消化活動にエネルギーが浪費され,日中の眠気やパフォーマンス低下を招きます.

ゆっくりと食事をとるのは,心にもよい影響があるといいます.

ゆっくり噛むことに集中すると,食事中に他のことを考えることが自然と減ることになります.すると,胃液の分泌や腸の働きが強くなって,さらに消化がうまくいくようになっていく.

つまりあなたの生命活動を支える大切な食事に集中して向き合うことで,驚くほど心身がすっきりとしていくのです.(111ページより)

ただ,噛むという作業は交感神経の活動を高めるため,本来副交感神経の働きが高くなる夜遅い時間帯の食事は控え,寝る3時間前までには食事を済ませておくように勧められています.

ホームドクターを活用し,自分の健康に「わがまま」になる

自分の健康に「わがまま」になることは,自分の体の声に敏感になることでもある.

健康なときには,ついつい体のケアを忘れがちになるものです.でも,健康な体こそすべての資本となのは言うまでもありません.

人間にとっての一番大切な健康と,もっと「わがまま」に向き合う習慣を構築していきましょう.(123ページより)

すべての資本である自分の身体と「わがまま」に向き合ううえで著者は,“まず頭痛や便秘,咳や鼻づまりといった軽い症状でも,2週間続いたらすぐに病院へ行く習慣を身に付ける”こと,“定期的に(できれば4ヶ月に1回)血液検査を受けにいき,アドバイスを聞いておく”ことを勧めています.

医療の臨床現場で働く著者は,「もっと早く病院に来てくれればな…」と感じることが多々あるそうです.なんとなく病院へ向かう足が重くなるのは,心のどこかで「この便秘がなにか悪い病気につながっていたら嫌だな」などという不安が潜んでいるせいではないかと指摘しています.

しかし,不安を見ないようにしたり,検査を先延ばしにしたりするのは,本来の自分の姿から目を背けているに他なりません.“事実に目をつぶらず,現実的に対処していく勇気”こそ,「わがまま」に生きる,つまり在るがままの自分の身体と向き合うことになるのです.

結びに

「わがまま」に生きることで自律神経が整い,たとえ忙しいなかでも自分の時間を楽しめ,健康になる方法をご紹介しました.

過去の後悔や未来への不安,周りへの気遣い,溢れる情報,生活リズムの変化など,現代生活は自律神経のバランスを崩しやすい要素に充ちています.そのような社会の中で心身の健康を保つのは,あなた自身の取り組みにかかっています.

「そうは言っても,今の私の状況を変えるのは無理!」とお思いかもしれません.しかし,そんなあなたでも,一日に10分でも,20分でも自分だけの「わがまま」な時間をつくることを意識してみてほしいのです.

「この30分間だけは自分だけの時間を楽しむ」と決めて,仮眠をしたり,散歩をしたり,好きな紅茶を飲んだり,など何でも自分のための時間を過ごしてみると,だんだんと心が落ち着いてきます.

わがままな時間

1日に10分でも,ホッとする時間を.

自分で「わがまま」に決めたルーティンをこなしていくことでも,迷いが消え,自律神経のバランスを整えるのに役立つといいます.例えば,「服は10着しか持たない」「好きなペンを使う」「気持ちを込めてお皿を洗う」など,あなたの意向に沿ったお気に入りの方法を見つけてみるのもよいですね.

このように「わがまま」に生きるためには,“身の回りの小さなこだわりで自分の型を作る”ことで,日々の決断に慣れていく方法がよいといいます.

自分の人生と健康は,最終的に自分にしか責任を負えません.

(中略)他人の目を気にしていても,他人はあなたのことなどなんとも思ってはいません.人はぞれぞれ,自分の仕事や健康や家庭のことで頭がいっぱいなのですから.

極論に聞こえるかもしれませんが,他人は誰も助けてくれません.自分の身は,自分で守らなければ始まらないのです.(183ページより)

小さな一歩を踏み出しつつ,あなたらしい“我がまま”な過ごし方を見つけていただければ幸いです.

現状を窮屈に感じていたり,自分の時間を持ちたいと思っているあなたに,ぜひ手にとっていただきたい一冊です.

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ☆痛みなく動けるカラダづくり

【大失敗】「体力アップ」のはずが、カラダを壊す意外な食事法〈ワースト3〉
【目的別】運動は“いつ”やるのが効果的なのか?
【もう悩まない】腰痛との正しいつきあい方を知って、もっと健康になる
more...

folder 免疫力アップのコツ

【新型ウイルスに負けない!】自分自身の“免疫力“を高める方法〈ベスト3〉
免疫力を高めるストレス解消法
免疫力をアップさせる運動のコツ
more...

folder 快眠術

寝酒は逆効果!お酒を飲んでも熟睡できる方法
【悩まない】どうしても眠れないときにとるべき、疲労回復のコツ
やってはいけない!快眠を妨げる寝る前の行動
more...