健“幸”の流儀

最高のカラダとココロを手に入れる 

ガツガツいこう!

calendar

Pocket

安定志向、総中流社会などと呼ばれ、ともすれば上昇志向を煙たがられるような雰囲気もある現代に対して、筆者は真っ向から発破をかけます。「もっと野心、欲望を出してがんばれ、がんばれ」と激励し、背中を押してくれているようです。

若いときに、多少の見栄を張ったり、背伸びをするのは、自分という人間の成長のために欠かせない

 

いろいろなところへ出かけて行って、何かを観るために費やしてきたチケット代であるとか、さまざまな国や地方に行った旅行代金は、人としての魅力や人気を高めてくれるお金であると私は思います。

 

幸運を味方に付ける努力の考え方については、

人生には、ここが頑張り時だという時がある。そんな時、私は「あっ、いま自分は神様に試されているな」と思う。

ちゃんと努力し続けていたか、いいかんげんにやっていたか。それを神様はちゃんと見ていて、「よし。合格」となったら、その人間を不思議な力で後押ししてくれる。

こんなふうに思ったら、「もうけっこう頑張ったけど、あとすこしだけやってみようか」と次の一歩を進めそうです。

たとえ根拠の薄い自信でも自分を信じる気持ちが、辛い局面にいる人を救ってくれるとうことはあると思います。

啓発書を読んでいると、“根拠のない自信”というフレーズを度々目にすることがあります。根拠のない自信でもいい。

自分を変えたい、人生を変えたい、と思ったら、現状の習慣を変えるのを恐れてはいけません。「~したい、自分にはもっとできるはず!」という野心をむき出しにして、もがくことも、時に必要ではないでしょうか。

「やらずにはいられない」という小さな衝動を大切にして、まず、動き出してみる。いろいろな体験をしてみる。動いてみたら、そこに何らかの気づきがある。

この気づきを小さな成功体験として、自分の中に蓄積していくと、自分を力強く前進させてくれると思います。

林真理子 著『野心のすすめ』を読んで。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ☆痛みなく動けるカラダづくり

【大失敗】「体力アップ」のはずが、カラダを壊す意外な食事法〈ワースト3〉
【目的別】運動は“いつ”やるのが効果的なのか?
【もう悩まない】腰痛との正しいつきあい方を知って、もっと健康になる
more...

folder 免疫力アップのコツ

【新型ウイルスに負けない!】自分自身の“免疫力“を高める方法〈ベスト3〉
免疫力を高めるストレス解消法
免疫力をアップさせる運動のコツ
more...

folder 快眠術

寝酒は逆効果!お酒を飲んでも熟睡できる方法
【悩まない】どうしても眠れないときにとるべき、疲労回復のコツ
やってはいけない!快眠を妨げる寝る前の行動
more...