こころとからだの健康掲示板

こころとからだの関連性(心身一如)から「真の健康」を目指します!!

お尻は健康ですか?−健診、便秘、IBSの事実−迫田哲平先生より

calendar

Pocket

今回のセミナーでは、迫田哲平(迫田病院 大腸肛門センター外科部長)より、
「朝からなんですが、お尻は健康ですか?」と題するご講演をお聞きしました。

主に次のような内容でした。

  • 情報にだまされない
  • 健診、人間ドックの活用法
  • 便秘とお尻のいい関係

私たちはふだん、病気や治療に関するさまざまな情報に触れていますが、それらは必ずしもエビデンス(医学的な根拠)が明らかにされているものばかりではありません

スポンサーリンク

情報を正しく活用する〜検診の心がけ〜

検診

自分で自分の健康を守っていくためには、正しい情報を集め、積極的に活用していく心がけが大切です。

それは検診や人間ドックといった予防医学においても同様です。

検査の結果は、100%正しいというわけではありません。

なぜなら「本当は陰性なのに、誤って陽性と判定してしまう=偽陽性(ぎようせい)」や、
反対に「本当は陽性なのに、誤って陰性と判定してしまう=偽陰性(ぎいんせい)」の
可能性もゼロではないからです。

また結果を知っても、生活習慣の改善が伴わなければ、検査を受けるメリットは少なくなります。

迫田先生いわく、

どの疾患とリスク因子に対して、何を用いて検査するかによって、利益と不利益のバランスが異なる

ということを理解して臨むのが大切とのことでした。

たしかに、「自分のどんな体調変化や潜在的なリスクがあるのかを知ろう」、「結果をもとに生活習慣を見直していこう」とする積極的な姿勢が必要ということですね。

そうすると、「自身の健康指標として積極的に活用する」、
「生活習慣の改善もあわせて行う」、
「検診専門医の診察を受けて助言を仰ぐ」 などのアクションを起こす
ことができます。

便秘とお尻のいい関係

「便秘」の事実

お尻の健康を考えるうえで、「便秘」のことは外せません。今回の講話では次のような事実を学びました。

  • 便秘の傾向として、男性よりも女性で多く、高齢者で多くなる
  • 便秘があると、になりやすい
  • 下肢静脈瘤を生じやすい
  • 生命予後が悪化しやすい
  • 大腸がんと関係する
  • 「便秘がある」という自覚があるだけで、大腸がんの危険因子になる
  • 子どもの便秘は成人の便秘に移行しやすいため、早めに適切な介入をするのが望ましい
  • 機能性便秘のなかに過敏性腸症候群(IBS)が含まれる

正しく知っていると、ふだんの生活習慣に気をつけたり、日頃の体調変化時に早めに病院受診したりすることができますね!

過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome:IBS)

IBS

一般の人の10〜15%程度がそうだといわれるIBSは、機能性便秘(大腸の働きの異常が原因で起こるもの)の多くを占めています。

IBSは、

お腹の痛みや調子がわるく、それと関連して便秘や下痢などのお通じの異常(排便回数や便の形の異常)が数ヵ月以上続く状態のときに最も考えられる病気です。
もちろん、大腸に腫瘍や炎症などの病気がないことが前提になります。(日本消化器病学会ガイドラインより)

不安や緊張といったストレスがかかると、腸の収縮運動が激しくなったり、痛みを感じやすい知覚過敏状態になったりします。

そのため強いストレスがかかる場面、例えば、仕事中、会議中、面接中、授業中、テスト中、出社中、登校中などに症状が出やすいとされます。

また真面目な人や内向的で気が弱い人、情緒不安定な人、うつ傾向の人、20代の若い女性または30~40代の働き盛りの人などがかかりやすいとされています(すこやかネットより)。

IBSの種類には、下痢型・便秘型・交代型があり、診断基準として以下のような「ローマⅢ基準」があります。

  • 最近3ヵ月の間に、月に3日以上にわたってお腹の痛みや不快感が繰り返し起こり、次のうち2項目以上に該当する
  • 1)排便によって症状がやわらぐ
  • 2)症状とともに排便の回数が変わる(増えたり減ったりする)
  • 3)症状とともに便の形状(外観)が変わる(柔らかくなったり硬くなったりする)

 

「便秘くらいで…」と放置せずに、きちんとした診断をうけ、必要な治療や生活習慣の改善を行うのが大切ですね。

また自身の腸内フローラを検査する方法−Mykinso(マイキンソー)もあり、健康生活に役立てられます!

本日は健康生活に大切なお腹やお尻のお話でした。迫田先生、ありがとうございました。

*本記事内容は、3月27日宮崎市倫理法人会モーニングセミナーでのご講演内容を参考にしています。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder 「免疫系」を知る

免疫力を高めるストレス解消法
免疫力をアップさせる運動のコツ
“免疫系の暴走”を抑えるのも,食事から!〜食物繊維の役割〜
more...

folder からだを整える

ケガ直後の初期対応は、まずアイシングを!
自律神経パワーを高めるカギは、生活習慣と体力にあり
「呼吸」を大事にすると心と体が健康になる<実践編>
more...

folder コミュニケーション

ほめる達人という生き方セミナー&ほめ達!検定3級 受講しました
アナウンサーに教わった、「伝わる」話し方
想いを伝える力(伝達力)は,マインドから学ぶ.<読書評>
more...

folder 季節ごとの快適な過ごし方

お正月の過ごし方で年始のスタートダッシュが決まる!
痛みの原因は「冷え」と「乾燥」?この時期に気を付けたい冷え対策
残暑こそ夏バテ・冷え症に要注意!
more...

folder 療法士向け

体幹疾患の臨床推論−障害発生プロセスから−
姿勢と動作の成り立ち−筋緊張制御の仕組み−
腰痛の臨床推論-見逃せないレッドフラッグと神経症状-
more...

folder 脳の働きを知る

「心」とは?
人の行動は脳内物質に支配されている⁉︎
愛着と嫉妬は紙一重⁉︎ “愛情ホルモン”オキシトシンの意外な一面.
more...