健康でストレスフリーな人生をつくる情報をお届けします!

【文章で稼ぎたい方必見】売れるコピーに共通の「PASONAの法則」とは?

  • 2020年6月19日
  • 2020年9月16日
  • 読書評
  • 79view

コピーライティングを学ぶ方に朗報

  • 「グッとくる広告コピーが浮かばない💦」
  • 「商品の売上を回復するようなセールスコピーを書き上げないといけない💦」
  • 「副業で稼ぎたくてブログを始めたけど、どうやってもPVが伸びない💦」
  • 「読んだ人から“結局、何が言いたいのかわからない”と言われる💦」

ペンをとってビジネスに向き合っている方には、こんな悩みやプレッシャーが付きものですよね。

 

僕自身もずっとそうでした。

これまで5年以上ブログを書いたり、ホームページを作ったりしてきましたが、最初の3年間はまったく日の目を見ず。1記事のPV30、月の売上は50円といった超低空飛行。

そんな僕でもこの「法則」を知って、文章に活かすようになってからは、安定して月5桁ほどの収入を得られるようになってきました。また読者からのコメントや感想、応援メッセージもいただき励みになっています。

そこで今回は、趣味レベルで文章を書いていた僕が、コピーライティングが得意だと自負できるまでになったきっかけ―文章の構成―をご紹介します。

“心をつかむ”文章に共通する「構成」

流行りの店の看板、人気商品の広告、稼いでいるブログやアフィリエイト、つい見てしまうYouTubeなど…人の心を惹きつけ、売れている文章にはある共通点があります。

それは、文章の「構成」

構成とは、「何を」「どの順番」で言うか

 

思い返してみてください。

商品・サービスや情報にあふれ、ものが売れないと言われる現代。

みんながどんなときに購買行動を起こすかといえば、“感情が動いた”ときなんです。

訪問の押し売りとか絶対買いませんよね笑

文章も同様です。

文章によって感情が動くから、その商品やサービスを試してみたくなります。

 

文章を読んで感情が動いてもらうためには、自分の書きたいことを書いてもダメ。

読み手の心情の変化に伴って、順序だって言葉を紡げるかがカギです。

そこで「構成」を知っておくことで、心に響く文章をスラスラと書けるようになります。しかも毎回

文章構成として「SDS法」や「PREP法」などがありますが、今回、とくにオススメしたいのは「PASONAの法則」です。

なぜなら「PASONAの法則」は、アメリカで隆盛したコピーライティングを日本に持ち込み、20年以上もトップマーケッターとして活躍してこられた神田昌典氏が提唱。

いくつものセールスの現場でのテストを経て、その効果が実証済みだからです。

人を動かす、「PASONAの法則」とは

PASONAとは、文章構成の6段階―Problem(問題)、Affinity(親近)、Solution(解決)、Offer(提案)、Narrow(絞込)、Action(行動)―の頭文字をとったもの。

それぞれ順に解説していきます。

Problem(問題)

買い手が抱えている「痛み」を明確にする。何に困っているのか、問題を共有する

Affinity(親近)

売り手が、書い手の「痛み」を理解し、解決する術を持っていることを感じてもらう。共感を示し、自分の話を読んでもらう。

Solution(解決)

問題の根本原因を明らかにし、「解決」へのアプローチ法を紹介する。対象顧客へのベネフィットを示す。

Offer(提案)

解決策を容易に取り入れられるように、具体的な商品・サービスの「提案」を行う。

Narrow(絞込)

解決策が功を奏して、購入後、満足いただける買い手の条件を「絞り込む」。どんな人がどんな場面で使うと有効なのか。

Action(行動)

「痛み」を解決するために必要な、具体的な「行動」を呼びかける。サイト訪問、お問い合わせ、資料請求、購入などを促す。

*参考:『売れるコピーライティング単語帳』11ページ

いかがでしょうか。

この構成に沿って、あなたの商品・サービスを紹介していけば、スラスラと書けそうな気がしてきませんか?

ぜひ、普段のコピーライティングに「PASONAの法則」を取り入れてみましょう。

読み手の心を鷲掴みにし、確実に購買行動を起こしてもらう、卓越した文章を書けるようになります。

そうは言っても、「習得するのにかなりトレーニングが必要で、使えるようになるまでに時間がかかるんじゃないの?」と思われるかもしれません。

 

「PASONAの法則」を手っ取り早く学び、今すぐ現場で使えるフレーズを身につけるのに、強い味方があります!

それが、『売れるコピーライティング単語帳(神田昌典、衣田順一著、SB Creative)』

「PASONAの法則」を提唱した神田氏執筆の最新刊です。

 

わずか1,780円(税抜)で「コピーライティングのプロ」の思考を自分のものにできるのですから。

「単語帳」の名の通り、PASONAのそれぞれのフェーズで使える単語やアイデアが豊富に掲載されています。

その数、なんと2,000

しかも「例文」や「類似の別表現」つきなので、どんな文脈で用いるのが適しているのかが一目瞭然です。

ライティングに行き詰まったり、ピンとくる表現が思い浮かばなかったりしたときに本書を開くと、ピッタリのフレーズに出会えること請け負いです。

こんな方にオススメ

  • 文章を書くのに苦手意識のある方
  • コピーライティング経験の浅い方や、これから学びたい方
  • ブログやアフィリエイトで稼ぎたい方
  • 広告の成果を上げたい方

ブログやwebサイト、SNSなど、文章を綴る側に置いておきましょう。

著者の言葉を借りれば、“ベテランが傍らにいるかのようなノウハウ書”として、いつでも参考にすることができます。

まとめ

著者はコピーライティングを評して、次のように力強く訴えます。

コピーライティングとは、焼け野原に立っても、翌日から、紙とペンだけで立ち上がる力のことである(帯裏面より)

この言葉を目にすると、ペンを持つ手に力がみなぎってきませんか!?

 

ものが不足して、人びとに強烈な欲求がある時代なら、たくさんの商品を作れば売れたでしょう。

しかし現代は、ものが売れないと言われる時代。

そんなでペン1本で生き抜くべく、とことん言葉のチカラを磨きましょう

本書はきっとあなたの心強い伴走者になります。

今すぐ、下記のリンクからチェックしてみてください!

 

最新情報をチェックしよう!