健康でストレスフリーな人生をつくる情報をお届けします!

『君たちはどう生きるか』を読んで、新たな一歩を踏み出す力を信じる。

人類の進歩と結びつかない英雄的精神も空しいが、英雄的な気魄を欠いた善良さも、同じように空しいことが多いのだ。
自身の心が善良であるだけではなく、自らの行動を世間に役立てる、社会に貢献することで進歩があると言われている気がします。
「すべての悩みは人間関係の悩みである」と提唱する心理学者アドラーの教えとも通ずるところがあるように思います。
人間関係の悩みの背景にはまず、私がどう生きるのか、どう在りたいのかという自分の考えが存在しているのではないでしょうか。
一度考えるのをやめてごらんよ。
変えられないことを考えるのをやめれば、
余計な感情に足をとらわれない。
いま自分がしなければならないことに、
真っ直ぐ向かっていける。
同じ間違いを二度繰り返しちゃいけないよ。
今自分が感じていること、考えていることに正直になる、行動に移す。

苦しさから目を背けずに、その奥にある真実を探求していこうと思えます。

君たちはどう生きるか。
自分の生き方を決定できるのは自分だけだ。
あなたも私も、自らの人生から問いかけられています。
漫画版では、コペル君の表情を通して心の動きがありありと想像されるので、読み始めやすいですよ!
 最後までお読みいただきありがとうございます。
最新情報をチェックしよう!