こころとからだの健康掲示板

こころとからだの関連性(心身一如)から「真の健康」を目指します!!

学生のコミュニケーション・タイプを見極める<理学療法士臨床実習指導者の心構え2>

calendar

Pocket

前回の記事では、これから理学療法士になる臨床実習生の指導法について、「学生のやる気を引き出す」観点から書きました。

スポンサーリンク

臨床実習指導者の3つの心意気

  1. 指導者は火つけ役に徹する
  2. 学生のタイプを見極める
  3. 「待つ」のが大事

今回は、臨床実習指導において指導者が大事にしたい心構えの二つ目、

「学生のタイプを見極める」について書きたいと思います。

学生のタイプを、「4つのパーソナル」で見極める

今回ご紹介したいのは、「コーチングにおけるタイプ分け」という考え方です。

紋切り型の決まった方法でコーチングするのではなく、相手のタイプに応じてコーチングの仕方を変えようということです。



例えば、仕事で同じように成果を上げた二人がいたとしても、

「よくやった!」と一言、言われて喜ぶひともいれば、

「忙しいなか手伝ってくれてありがとう、おかげで助かったよ」と労われて喜ぶひともいます。

相手が求めている(いちばん聞きたいと思っている)言葉をかけることで、信頼関係も築かれ、コーチングがうまく進むのです。

そのためには、相手のタイプを知ることが先決です!

コーチングやコミュニケーションにおけるタイプ分けとして、「コミュニケーション・スタイル・インベントリー(CSI)」があります。

CSIは、市毛智雄氏を中心とした心理学の専門家チームによって開発されました。

この考え方によると、「ひとをもっとも特徴づけるのは、コミュニケーションのとり方である」という前提にたって、コミュニケーションのスタイルによって4つに分類しています。

コミュニケーション・スタイルの指標は、「自己主張の強さ」「感情表出の高さ」の2つです。

この2つのマトリックスによって、次の4つのタイプに分けられます。

  • 「コントローラー」…自己主張強い、感情表出低い
  • 「プロモーター」…自己主張強い、感情表出高い
  • 「サポーター」…自己主張弱い、感情表出高い
  • 「アナライザー」…自己主張弱い、感情表出低い
4つのタイプ分け

コーチングにおける4つのタイプ分け(『図解 コーチング流タイプ分けを知ってアプローチするとうまくいく』より)

それぞれのタイプの特徴を挙げると、次のようになります(『図解 コーチング流タイプ分けを知ってアプローチするとうまくいく』より)。

それぞれのタイプに、強み・弱みがあります。

人をも場をも支配しようとする「コントローラー」

  • 人から指図されるのを何より嫌うトップダウン型リーダー
  • 行動的で野心的な起業家タイプ
  • 弱みを見せたり、甘えたりするのは苦手

人に影響を与えたい「プロモーター」

  • 注目こそがやる気の源 エネルギッシュなアイデアマン
  • 新しいことに挑戦するのは得意だが、持続は苦手
  • 社交的で人気者だが、人の話はあまり聞かない

人間関係が何より大事「サポーター」

  • ビジネスよりも「人」優先 「和」を重んじる気配り上手
  • 協調性があり、温かく穏やかだが、リスクを冒すのは苦手
  • 人の期待に応えようとする一方、人からの承認を求める

冷静沈着慎重派「アナライザー」

  • 客観的な視点で問題解決を行う完全主義者
  • 行動より計画・分析の理論派 変化や混乱に弱い
  • 感情表現が苦手で大人数も苦手 孤立しても気にならない

 

いかがでしょうか。

お読みいただいているあなたも、「あ そういえば自分はこんな傾向にあるな」と思い当たるところが、少なからずあるのではないでしょうか。

あなたにタイプがあるように、実習生にもタイプがあるのです。

そのことをまずご理解いただき、相手のタイプに応じてコーチングの仕方を変えていくと、コミュニケーションがうまくいくのではないでしょうか。

臨床実習において指導者と実習生のコミュニケーションがうまくいけば、お互いにストレス少なく、有意義な経験となるでしょう!

 

なお、タイプ分けのためのテストは、こちらから受けることができます。

Test.jpーリーダーのための自己診断テストサイトー
iPhone向けアプリ「タイプ分け™」
Android向けアプリ「タイプ分け™」

または以下の書籍にもタイプ分けの質問票がのっていますので、ご参考ください。

タイプ分けで大事なのは、「あいつは、ああいうタイプだ」と決めつけるのではなくて、

「ああいうタイプだから、〜なふうに課題を任せよう」

「〜なふうに、褒めたり、注意を伝えたりしよう」

というように、コミュニケーションの配慮に役立てることです!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ぜひあなたの臨床実習指導にお役立ていただければ嬉しいです。

次回は、「『待つ』のが大事」について書きたいと思います。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder 「免疫系」を知る

免疫力を高めるストレス解消法
免疫力をアップさせる運動のコツ
“免疫系の暴走”を抑えるのも,食事から!〜食物繊維の役割〜
more...

folder からだを整える

『病に好かれる人 病に嫌われる人(小林弘幸 著)』書評
健康寿命の差を生む原因は、「生活習慣」にあり!
『自己医療』のすすめ -痛み不調は体からのシグナル-
more...

folder こころを整える

治る力を引き出す!『病気の原因はチャクラが教えてくれる(橋本典之著)』より
運・ツキを呼ぶ脳の鍛え方ー“唯心所現”の実践
「心身相関」を健康づくりに生かす
more...

folder コミュニケーション

アナウンサーに教わった、「伝わる」話し方
想いを伝える力(伝達力)は,マインドから学ぶ.<読書評>
more...

folder モチベーション

『予祝のススメ 前祝いの法則(ひすいこうたろう・大嶋啓介 著)』書評
「奇跡」を意図的に起こすには!?
「未見の我」を信じて、今に励む
more...

folder 季節ごとの快適な過ごし方

お正月の過ごし方で年始のスタートダッシュが決まる!
痛みの原因は「冷え」と「乾燥」?この時期に気を付けたい冷え対策
残暑こそ夏バテ・冷え症に要注意!
more...

folder 療法士向け

体幹疾患の臨床推論−障害発生プロセスから−
姿勢と動作の成り立ち−筋緊張制御の仕組み−
腰痛の臨床推論-見逃せないレッドフラッグと神経症状-
more...

folder 脳の働きを知る

「心」とは?
人の行動は脳内物質に支配されている⁉︎
愛着と嫉妬は紙一重⁉︎ “愛情ホルモン”オキシトシンの意外な一面.
more...