健“幸”の流儀

最高のカラダとココロを手に入れる 

【要点まとめ】『医療・介護職の新しいキャリア・デザイン戦略(三好貴之、細川寛将)』

calendar

Pocket

「このまま、今の職場で働いていいのだろうか?」「自分には何ができるのだろうか?」と、一度でも思い悩んだことがある医療・介護職向けに、キャリアづくりを指南する書籍をご紹介します。

それがこちら『医療・介護職の新しいキャリア・デザイン戦略〜未来は、自分で切り拓く(三好貴之、細川 寛将著(ロギカ書房)』

本書を読むことで、自分の進むべき道をより主体的に、より安心して意思決定していくことができます!

力強くあなたの背中を押してくれる一冊です。

スポンサーリンク

本書を読む目的

  • 医療・介護業界が直面する社会情勢のなかで、自分らしい生き方やキャリアを築いていく戦略を学ぶ
  • 「キャリア」を考えるためのフレームワークや自己理解に役立つツールを活用する
  • 経験年数や年代、職場での役割に応じた働き方を考える

本書のエッセンス

one thing

  • 今や人口減少する社会において地域医療構想や社会保障費削減の政策が推し進められ、医療・介護業界は一生安泰の業界ではない。「自分らしい人生」を送り、かつ組織や社会で「なくてなならない人材」であるために、主体的にキャリア・デザインをしていく必要がある
  • キャリアには昇進や栄転など外部から誰が見てもわかる「客観的キャリア」と、知識やスキル、人間関係などに対する自身の満足度といった「主観的キャリア」があり、どちらもバランスよく高めていくのが重要。
  • キャリアを高めていくには3つの軸−スキル、モチベーション、マーケットバリュー(市場価値)−で考え、最終的に給与に反映されるのは自分のマーケットバリューである。
  • キャリアの節目には「自分資産の棚卸」を行い、“自ら”キャリア選択の意思決定を行うのが重要である。自分資産の棚卸をする際には、ボストン・コンサルティング・グループのPPM(Product Portfolio Management)が有用。PPMでは「市場成長率」と「市場占有率」の2軸から、次に打つべき戦略を考える。
  • キャリアの節目(トランジション)では、「終わり→ニュートラルゾーン→始まり」と進んでいく。今まで慣れ親しんだ常識や組織文化に違和感を覚え、自分に葛藤することもあるが、常にそこで成果を上げていくことで次の展開が始まる。
  • 新しいキャリアは明確な目標や計画ありきではなくても、「与えられた偶発的な職場で、積極的に”流される”(=キャリア・ドリフト)」で築かれていくことも多い。そのためオープンマインドで、依頼された職場で一所懸命に働くことでスキルや経験を身につけ、さらに上のキャリアにつながる。
  • 「何をするか」と同時に、「どのように仕事をしていくのか」も重要。仕事をしていく上で自分自身が大切にしている価値観(=キャリア・アンカー)を、自分自身でしっかりと理解していることが大切になる。
  • キャリア・アンカーは8つ−スペシャル・コンピタンス、ジェネラルマネジメント・コンピタンス、自律・独立、安全・安定、起業家的創造性、奉仕・社会貢献、チャレンジ、生活様式−に分類される。
  • 働く場所(マーケット)は「ライフサイクル理論」に準じて、成長産業なのかどうかを見極める。
  • キャリア・デザインで重要なのは「自己理解」から始めて、これまで積み上げてきた「能力」と「価値観」を認識しておくこと。主体的な計画にしろ、キャリアドリフトにしろ、その選択を自分自身で意思決定すること。

本書を読んでどう行動するか(アクションプラン)

アクション

  • 「自分は何ができるのか」「自分は何をすべきなのか」を何度も自問自答する
  • 8つのキャリア・アンカーのうち、自分はどの要素を大事にしているのか考える
  • キャリア・デザイン・ワークとして、「9マンダラシート」を記入する
  • 「1万分の1」のレアカードを30歳代で完成させる。そのために、資格に続く「2本目の軸」へ時間、労力、お金を投資する
  • 自分らしくキャリアを築いていくうえでの考え方は、次の言葉に要約されていると感じました。

マーケットバリューを見ながらスキルを上げ、モチベーションが続く仕事を見つけていくことが大切だ(25ページより)

キャリアに悩む医療・介護職の進むべき道を照らす、必読の一冊です📕

関連

同じ著者による管理者向けの書籍『医療機関・介護施設のリハビリ部門管理者のための実践テキスト』では、リハビリ部門のマネジメントを行ううえで必須の考え方やノウハウを学べます。書評はこちら⏬

マネジメントを学ぶリハビリ職に必読の書!<書評>『医療機関・介護施設のリハビリ部門管理者のための実践テキスト』

三好貴之先生のセミナーに参加しました。人口動態や地域医療構想にもとづいて、自分の働く職場でとるべき戦略を学んだ超貴重な経験でした。セミナーに参加したときの体験内容はこちら⏬

医療・介護報酬改定に応じたリハビリテーション部門強化のために

研修内容

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ☆痛みなく動けるカラダづくり

【大失敗】「体力アップ」のはずが、カラダを壊す意外な食事法〈ワースト3〉
【目的別】運動は“いつ”やるのが効果的なのか?
【もう悩まない】腰痛との正しいつきあい方を知って、もっと健康になる
more...

folder 免疫力アップのコツ

【新型ウイルスに負けない!】自分自身の“免疫力“を高める方法〈ベスト3〉
免疫力を高めるストレス解消法
免疫力をアップさせる運動のコツ
more...

folder 快眠術

寝酒は逆効果!お酒を飲んでも熟睡できる方法
【悩まない】どうしても眠れないときにとるべき、疲労回復のコツ
やってはいけない!快眠を妨げる寝る前の行動
more...