健“幸”の流儀

最高のカラダとココロを手に入れる 

【確実】3ステップを踏めば、新しい自分をつくれる!「習慣化」のコツ

calendar

Pocket

こんにちは、ふみあき(@ThanksDailylife)です。

本サイトにお越しいただき、ありがとうございます!

先日は仕事や生活で成果をあげるための「習慣化」について、
【脱!三日坊主】習慣化を成功させるには、「真の目的」を明確にすること
という記事を書きました

アイキャッチ

「誰のために」「何のために」「本当は何をしたいのか」、
【=真の目的】を明確にすることで、
あなたを力強く継続へと駆り立てます

「今日は疲れたし、まあいっか…」と止めそうなときでも、
自分の中に芯の通った「真の目的」が心の支えとなります。

目的を明確にした人はいよいよ、習慣化の具体的な行動に移っていきます。志高く始めた人でもやり方を間違うと、忙しさやストレスなどにかまけて三日坊主に終わってしまいます。

そこで今回は、三日坊主で終わらせない、習慣化するための具体的なステップを解説します。

スポンサーリンク

習慣化に挫折しないための3つのポイント

やりたいこと一つに絞る

one thing

新しい習慣を身につけたり、古い習慣を止めたりするときには、はじめは意志の力を必要とします。

あれもこれも一度にやろうとすると意志の力が分散されて消耗することに。結果、どれ一つとして身につかないなんて事態になりかねません。

そこで習慣化の手始めには、まずやることを1つに絞るのが賢明。その決めた一つのことが達成できるたびに自己効力感、自己肯定感が高まり、行動変容への自信がついてきます

なお一つに絞るときには、その行動に快」の感情が伴うものを選ぶようにしましょう。

例えば、「ジョギングを始めよう」と思ったら、好きな音楽をかけながら走る。資格試験の勉強をしている最中にだけ、好きなチョコレートを食べられるようにするなど。

最初はそのご褒美が快楽だったのが、次第に行動そのもの自体を快く感じられるようになれば理想的。

無理をしない、がんばらなくても続けられる、超細かい行動目標をつくる

小さく始める

取り組む習慣を一つに絞り、いざ実践するときには、無理をしない、がんばらなくても続けられるくらいの小さな行動から始めるようにしましょう。

なぜなら、始めから壮大なプランを立ててしまうと、「きつかった、がんばった」という感情が先立ってしまいます。すると次回とりかかるときには意志の力を必要とすることに。

習慣化で大事なのは、意識せずとも、自然にやってしまう状態をつくること。そのためには気構えなくても、気楽に実施できるくらいハードル低く設定するのがオススメ。

例えば、寝る前の歯みがきをするのは、ごく自然にやっていますよね。ジョギングをするなら、300mから。英語の勉強をするなら、一日1ページからでOK。

「ちょっと物足りないな、もう少しやりたいな」と思えるくらいの小さなステップのほうが、結果的には長続きしやすくなります

パートナーをつくる

パートナー

最後に習慣化する心強い味方は、「パートナーをつくる」こと。ここでいうパートナーとは、目標を共有して一緒に取り組める仲間のことです。

パートナーがいることで、自分ひとりでは怠けそうなときでも踏みとどまることができます。

例えば、朝早く起きるのが苦手であれば、パートナーとカフェで待ち合わせて一緒に朝活をする。気の置けない友人と一緒にウォーキングをするなど。

自分に対して甘くなりがちな人でも、誰かとの「約束」があることで決めたことの実行率が高まります

もし身近にパートナーが見つからないという方は、SNSで宣言するというのも有効。宣言することで自分との約束になりますし、全国には同じ悩みや目標をもつ仲間もきっと見つかるでしょう。

むすびに

いかがだったでしょうか。

今回は、新しい習慣をつくるときに、三日坊主で終わらせないためのポイントを解説しました。まとめると、次のような行動プランを立てていくのがオススメ⏬

  1. やりたいこと一つに絞る
  2. 無理をしない、がんばらなくても続けられる、超細かい行動目標をつくる
  3. 一緒に取り組めるパートナーをつくる

本記事が、あなたが新しい自分をつくっていく習慣化にお役立いだだければ嬉しいです。

関連

アイキャッチ

【脱!三日坊主】習慣化を成功させるには、「真の目的」を明確にすること

心が変われば行動が変わる

行動が変われば習慣が変わる

習慣が変われば人格が変わる

人格が変われば運命が変わる

運命が変われば人生が変わる

(ウィリアム・ジェームス)

人生を変える、新しい自分をつくるには、まず心から。

でも心にアプローチするって何だか難しいですよね。そこで、「アロマ(芳香、香り)」活用するのがオススメ。

人は五感から外界の情報を集め、それをもとに思考・判断を行っています。五感の中でも嗅覚による香りの情報は、ダイレクトに脳の深いところ(大脳辺縁系)に届き、人の思考や感情に働きかける効果があります。

自分とつながり、自分を深く知るためのコミュニケーション。あなたも、その魅力の一端を体験してみませんか。

詳しくはこちらから知ることができます→アロマスピリットコール

香りが心身にもたらす嬉しい効果は、以下の記事もご参考ください⏬

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ☆痛みなく動けるカラダづくり

【大失敗】「体力アップ」のはずが、カラダを壊す意外な食事法〈ワースト3〉
【目的別】運動は“いつ”やるのが効果的なのか?
【もう悩まない】腰痛との正しいつきあい方を知って、もっと健康になる
more...

folder 免疫力アップのコツ

【新型ウイルスに負けない!】自分自身の“免疫力“を高める方法〈ベスト3〉
免疫力を高めるストレス解消法
免疫力をアップさせる運動のコツ
more...

folder 快眠術

寝酒は逆効果!お酒を飲んでも熟睡できる方法
【悩まない】どうしても眠れないときにとるべき、疲労回復のコツ
やってはいけない!快眠を妨げる寝る前の行動
more...