健康でストレスフリーな人生をつくる情報をお届けします!
アイキャッチ

【週末ダイエット】休日に食べ過ぎてしまう原因と対策〜ストレスコントロールと自律神経調律法〜

こんにちは、大山ふみあき(@fumiakioyama)です!

 

“ダイエットしたいのに、週末や休日になると食べ過ぎてしまう”と悩んでいませんか?

その結果、自分を責めたり、ダイエットを諦めたりしていないでしょうか。

 

そういった方に朗報です。

「週末や休日に食べ過ぎてしまう」のはちゃんと原因があり、自律神経やストレスコントロールが関わっています。

その原因を知ってふだんの過ごし方を改めることで、週末・休日の食べ過ぎを防ぐことが可能

そこで今回は、週末や休日に食べ過ぎてしまう原因と対策をご紹介します。

ぜひふだんの生活をふり返っていただき、無理なくダイエットしていきましょう。

 

*本記事の要点はこちら⏬

なぜ、週末・休日になると食べ過ぎてしまうのか?

たまったストレスの反動で食欲が暴走

休日になると無性に食べたくなったり、食べだすと止まらなかったりする方は、平日にがんばり過ぎていませんか?

例えば、以下のような⏬

  • 仕事や家事をこなすために睡眠時間を削っている
  • 落ちついて食事時間がとれないほど、スケジュールが詰まっている
  • ストレスフルな生活や人間関係の悩みが続いている
  • がまんして食事制限している
  • 激しい運動でカラダを追い込んでいる

 

このように心身のストレスが蓄積されていると、そのストレスから一時的に開放される休日に一気に発散したくなります。

ストレス発散のてっとり早い方法が「食べる」こと。

とくに甘いものや脂っこいものは脳の快楽中枢を刺激して、気分の解放や高揚を得られます。

なので、ストレスの反動で止まらなくなってしまうんですね。

生活リズムの変化による自律神経の乱れ

“ふだん忙しいから、休日くらいゴロゴロしよう”と思っていませんか?

休みの前夜は夜ふかしして、休日は昼まで布団でゴロゴロ…

なんて生活も食欲を大きく乱し、食べ過ぎてしまう原因です。

 

生活に制約(仕事、家事、学校など)のある平日と、制約のない休日との生活リズムがズレることを「社会的時差ぼけ(ソーシャル・ジェットラグ)」と呼び、体調不良や食欲の乱れを起こします。

食欲に影響する自律神経や代謝機能は「体内時計」と深く関わっています。

平日と週末の生活リズムが大きく変わることで体内時計が狂い、自律神経や代謝機能が変調

カラダはストレスを感じて、食欲を増します。

週末・休日の食べ過ぎを防ぐために気をつけるべきこと

平日の過ごし方

週末や休日の食べ過ぎを防ぐには、ふだんからストレスを溜めないようにしましょう。

ストレスを溜めない基本は、「ぐっすり眠る」こと。

週末に寝だめするのではなく、平日の寝不足解消を優先します。

 

そうは言っても、“溜まった仕事や家事をこなすために睡眠時間が削られる”と思われるかもしれません。

そんな方は、ちょっとだけ発想を転換してみてください⏬

夜はぐっすり眠って脳機能と体力を回復。

→冴えたアタマと充実した体力で、いつもの作業を効率よくこなす。

→テキパキといい仕事ができるから、時間にゆとりも生まれる。

毎晩の睡眠を大事にするのは、翌日のパフォーマンスを上げる「投資」です。

過度な食事制限やハードな運動もストレスになります。

自分の体調や体力を無視してまで、「これが良いから」と思い込んで続けていることはありませんか?

がまんや苦痛を伴う行動は長続きしません。

反動(休日の食べ過ぎ)がくるようであれば、あなたにあった方法なのか、一度見直してみましょう。

休日の過ごし方

週末や休日であっても、「いつもと同じ」過ごし方をするのが基本。

まずは朝日をあびることで体内時計をリセット。

どうしても長く寝たい方は「プラス1時間」まで。寝足りない分は「30分以内の昼寝」で補うのが有効です。

体内時計をきっちり刻んでいくことで、自律神経や代謝機能が整い、食欲が落ちつきます。

また、ふだんの疲れをとるにはダラダラ過ごすよりも、適度にカラダを動かすのが効果的ですー「積極的休養」といいますー。

ストレッチやウォーキング、子どもとの遊び、庭の手入れ、部屋のそうじなど、カラダを動かすことで筋肉がほぐれ、全身の血行が促進。疲労回復できます。

運動によって脳内の血流やホルモンバランスがよくなり、ストレス解消されるので食べ過ぎることがなくなります。

自宅でできるフィットネスサービス・オンラインヨガ SOELU(ソエル)

むすびに

いかがでしょうか?

週末や休日に食べ過ぎる原因と対策をご紹介しました。

おさらいするとこちら⏬

【原因】

  • 平日にストレスが蓄積することで、休日に食べることで発散したくなる。
  • 平日と休日の生活リズムが変わることで自律神経や代謝機能が乱れる(ソーシャル・ジェットラグ)。

 

【対策】

  • 平日にストレスを溜めないよう、十分な睡眠をとり、食事制限やトレーニング内容を見直す。
  • 週末や休日であっても、いつもと同じ生活リズムを刻み、適度にカラダを動かす。

 

ぜひあなたの生活習慣をふり返っていただき、食欲のコントロールにお役立てください🍀



関連記事

「太る食べ方」していませんか?食べ過ぎ・代謝ダウンでダイエットの大敵!

ダイエット中に食後のデザート・おやつが欲しくなる原因と対策〜食事の満足感を高めるコツ〜

【美しく健康な心身をつくる!自律神経を整える習慣術講座】
メルマガ登録(無料)で、今日から受講できます。
肩こり腰痛のセルフケア、ダイエット、ストレス解消法などの情報をお届けしています。
今なら特典動画をプレゼント🎁

【代謝アップ】やせ体質を手に入れる!毎朝5分間だけの簡単ストレッチ3種

メルマガに登録して特典動画をゲットする!

アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!
>【無料メルマガ】自律神経を整える習慣術講座

【無料メルマガ】自律神経を整える習慣術講座

ダイエットや肩こり腰痛のセルフケア、ストレス解消法などの情報をお届け。 メルマガ登録で今日から受講できます。 自律神経を整え、がんばらずに、美しく健康なカラダをキープしましょう!

CTR IMG