健康でストレスフリーな人生をつくる情報をお届けします!
アイキャッチ

不安解消|ストレスをかかえ込んでしまう人の特徴と、心がスッと楽になる方法

こんにちは、大山ふみあき(@ThanksDailylife)です。

 

不安な気持ちでいっぱいになり、身動きとれないときありますよね。

「早くこの不安から開放されたい」と思えば思うほど、ますます不安が大きくなる悪循環に覚えがありませんか?

 

いまこれを書いているぼく自身も、もともとすごい心配性。

「あれは大丈夫かな…」「何か失敗していないかな…」「あんなことしなければよかったな」とか、よく不安でたまらなくなっていました。

でも心とカラダを整える術を学び、ふだんの生活で実践するようになってからは、不安が現れてもジタバタすることはなくなりました

自分が何に不安を覚えているのかを観察し、対処法を考えます。

自分の力でどうにかなることであれば、改善のために行動する。

自分の力ではどうにもならないことであれば、人の力を頼ったり、時期を待ったりする。

 

不安は生命にとって「危機回避能力」の一つなので、ゼロになることはありません。

ですが、不安と上手につき合う方法を身につけておけば、心穏やかにハッピーな人生を過ごすことができます。

そこで今回は、「不安をかかえ込んでしまう人の3つの特徴」「スッと心が楽になる、不安を解消する方法」についてご紹介します⏬

不安をかかえ込んでしまう人の特徴【3つ】

不安をかかえ込んでしまう人の3つの特徴がこちら⏬

何度も同じことを思い返している

不安でたまらないとき、同じことがグルグルと頭の中でめぐっていませんか?

頭の中で何度も何度もリピートすることで、だんだんとその不安が大きくなっていきます。

しまいには、“何を心配していたのかわからないけど、とにかく不安”という事態に。

解決策を見いだせないまま、不安がリピートするのは「思考のクセ」

まずは自分の「思考のクセ」に気づきましょう。

意識が「今」にない  

あなたが不安をおぼえるとき、意識は過去や未来に飛んいるでしょう。

例えば、“あんなこと言っちゃったけど、大丈夫かな”、“子どもの将来が心配”、“この先、いまの自分のままじゃダメなのでは…”など。

不安は過去を悔やんだり、未来を憂いたりすることで大きくなります。

 

もちろん、過去の行動から学んで、次に改善していく。将来に起こりそうな事態に備えて、今から準備しておく、というのは悪いことではありません。

大事なのは、「今、自分に何ができるか」。

過去や未来を思ったら、もう一度「今、この」瞬間に立ち返って、自分にできることを考えてみましょう。

生活習慣が乱れている

不安でたまらないのは、あなたのメンタルが弱いせいではありません。

生活習慣が乱れていると、脳や自律神経、ホルモンのバランスが崩れてメンタルに不調をきたします。 

例えば、

  • 寝不足
  • 運動不足、座りっぱなし
  • 不規則な食事リズム、偏った栄養
  • 対人関係のストレス
  • 好ましくない環境 など

「不安」は生命にとって危機回避の一つ。

生活習慣の乱れによってカラダが危機を感じると、不安を強めて、そこから逃れようとサインを出しているんです。

不安をスッと消し去る方法【5選】

朝散歩する

不安をやわらげ、心を落ちつかせるのに「朝散歩」がピッタリです。

朝日をあびながらカラダを動かすことで、体内時計がリセット。

体内時計と連動して「自律神経」に刺激が入り、身も心も活性化します

 

また「光+リズミカル運動」のセットは、幸せホルモン「セロトニン」の分泌をグッと高めてくれます

セロトニンはストレスをやわらげ、清々しい気分に整えてくれますよ。

うつや強迫障害といった精神疾患の改善にも、運動の効果が実証済み。

 

“朝は忙しい”という方でも大丈夫!

目覚めたらカーテンを開け、いっぱいに背伸びします。

軽くストレッチしたり、通勤で歩いたりするのでもOKです。

朝日をあびながらカラダを動かし、爽やかに一日を過ごしましょう。

今なら無料体験あり!自宅でできるフィットネスサービス SOELU(ソエル)

SOELU(ソエル)の「口コミ・評判」を徹底調査!いま話題のオンラインヨガの実際は?

言葉にする(書き出す、話す)

不安をあらわすとき、「漠然とした不安」といいますよね。

そう、不安とは実態のないもの。

人は実態のないもの、得体のしれないものに対して不安やストレスを覚えるんです。

 

逆にいえば、「不安の正体」を明らかにしてしまえば、スッと心が落ちつきます

不安の正体を明らかにするのに、「文字にする」「言葉にする」のがよいです。

日記をつけたり、人に話したりするのがおすすめ。

 

ポイントとして、すぐに解決しようとしないこと。

「いま自分は、何に、どんな不安を抱えているのかな」に気づくだけでも十分

不安の正体がわかれば、冷静に解決策を考えたり、落ちついて時期を待ったりすることができます。

深呼吸(深く、ゆっくりと息をはき出す)

不安やストレスを感じているとき、すごく息が窮屈になっていたり、首肩がこったりしていませんか?

それは息が浅く、早くなっているせい。

血行が悪くなり、筋肉もコリかたまってしまいます。

 

心を落ちつかせるには、「深く、ゆっくりと息をはき出す」のを意識しましょう

息をはき出すことで、心身をリラックスさせる「副交感神経」が活性化。

緊張をやわらげ、いつもの自分をとり戻せます。

張りつめた毎日を過ごしているあなたも、ときには、ホーッとため息をついてくださいね。

十分な睡眠をとる

睡眠時間を削ってまで、仕事や家事に奔走していませんか。

寝不足は心身のコンディションを崩す最たる原因。

あなたの脳は「危機」を察知して、不安を強めます。

脳が休まっていないと、判断力や論理的思考力も落ちているので、感情に流されやすくもなります。

 

とにかく、寝る間を惜しんでまで働くのは、メンタルに悪影響。

ぐっすりと眠った翌日は、不思議と不安も消え去っています。

「逃げ場」をつくる(趣味やサークルなど)

不安で身動きとれないときって、「私にはこれしかない」「これを失ったら、自分はおしまいだ」と思ってしまいがち。

ぼくもよく経験があります。

ストレスを感じているのは自覚しているのに、現状を変えるのが怖いのです。

とくに日本人は「No」と言えないといわれますね。

 

でもそうじゃないんです!

あなたの「居場所」は一つではありません。

70億以上の人口があるこの地球上(日本だけでも1億3全万人!)で、あなたにピッタリの居場所や進路が必ず見つかります。

 

自分にとっての「サードプレイス」を作っておきましょう。

サードプレイス(第三の居場所)とは家庭でも職場でもない、自分にとって居心地よく過ごせる空間やコミュニティ。

家族とケンカした。仕事場で失敗した。

それでもサードプレイスにいけばストレスを忘れて、心穏やかに過ごすことができる。

そういった「逃げ場」がメンタルには必要です。

ぜひあなたに合った趣味やサークル、空間探しを楽しんでくださいね🍀

むすびに

いかがでしょうか?

不安やストレスで身動きとれなくなる人の特徴と、心の整え方についてご紹介しました。

まとめると、不安をかかえ込んでしまう人の特徴は次の3つ

  • 何度も同じことを思い返している
  • 意識が「今」にない
  • 生活習慣が乱れている

 

そして不安を感じたらやってほしい、心を整える方法がこちら⏬

  • 朝散歩する
  • 不安を言葉にする(書き出す)
  • 深呼吸する
  • 十分な睡眠をとる
  • 逃げ場となる「サードプレイス」をもつ

 

ぜひふだんの生活にとり入れていただき、不安と上手につきあいましょう。

あなたが心穏やかな毎日を過ごされますように願っています🌈

休息・ココロサプリ専門店♪セロトニンパワーで心も体もスッキリ♪リラクミンSe
 



関連記事

挫折しそうなときに!目標達成のやり抜く力「GRIT」、心のスタミナの高め方 

心を壊さない生き方 超ストレス社会を生き抜くメンタルの教科書【書評・感想・実践結果】

今なら無料で特典動画をプレゼント🎁(↑画像をクリック↑)

【代謝アップ】やせ体質を手に入れる!毎朝5分間だけの簡単ストレッチ3種

公式LINEに登録して特典動画をゲットする!

アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!