健康でストレスフリーな人生をつくる情報をお届けします!
アイキャッチ

【真相】長引く腰痛やぎっくり腰、実は“自律神経の乱れ”が原因だった!

こんにちは。ふみあき(@ThanksDailylife)です。

今回は、「腰痛を予防・解消するには、自律神経を整えましょう」というお話。

自律神経とは、人が生きていくために必要な呼吸や循環、消化、吸収、排泄、発汗など、あらゆる代謝活動を調節している神経。

自律神経が24時間365日休むことなく働いているお陰で、私たちはさまざまな環境変化にも対応して過ごすことができています。

自律神経は、カラダを緊張と活動モードにする「交感神経」と、休息と弛緩をもたらす「副交感神経」の2種類からなります。

朝起きてから活動するときには交感神経の働きが優勢になり、夕方から夜休むときには副交感神経の働きが優勢に。両者が協働しながら、活動と休息のバランスが図られています。

ではなぜ、内臓の代謝活動に重要な自律神経が腰痛とも関わるのでしょうか?

自律神経が体幹のコントロールに影響

それはカラダの中で自律神経が通る場所と、その働きによります。

自律神経は、生命活動の中枢である脳幹(のうかん)を起点として脊髄を伝わり、全身の内臓や血管に分布します。

このとき脊髄のなかでも胸髄(きょうずい)といわれる背中部分を走行。そこから背中や胸郭(きょうかく)のまわりの筋肉の緊張を調節しています。

背中の筋肉はいわずもがな、姿勢の保持に重要。筋肉の緊張が変化すれば、姿勢の異常となって現れます。

また胸郭は、肋骨(あばら骨)や胸骨で作られる鳥かご状の空間で心臓や肺を囲んでいます。つまり胸郭の動きが、呼吸や循環に影響を及ぼすのです。

何らかのストレスが生体に加わると、自律神経のうち交感神経の活動が活発化。その結果、血管が収縮したり、筋肉の緊張が高まったりなどの反応が生じます。

交感神経の異常によって背中や胸郭まわりの筋肉が緊張すると、姿勢がわるくなったり、運動中の体幹の動きが硬くなったりしてしまいます。

さらに、自律神経の乱れによって内臓の調子がわるくなると、腹膜(ふくまく)というお腹の筋膜が癒着。これも姿勢の悪化や体幹の硬さにつながります。

姿勢の崩れや体幹の可動性低下をきたしたまま運動を続けていると、もっとも土台となる骨盤や腰に負担が集中することとなります。

そのように腰に負担が集中した結果として、ぎっくり腰や腰痛を発症。そのような状態がクセになったのが、慢性的な腰痛の原因としてもとても多いのです。

自律神経を整え、腰痛とは無縁のカラダに

アイキャッチ

もしあなたが慢性的な腰痛を抱えていたり、年に数回のぎっくり腰を経験したりするようであれば、自律神経のアンバランスによって背中や胸郭の筋肉が硬直しているのが原因かもしれません。

自律神経はさまざまなストレス(人間関係、多忙さ、不安…)や生活習慣、感情、環境変化によって影響を受けます。一度、自分自身の生活を振り返ってみてはいかがでしょうか。

☆何気ないふだんの生活習慣が自律神経を乱す原因かもしれません。こちらでチェックしてみてください⏬

自律神経を乱す4つの原因と対処法−生活習慣から心と体を整える−

十分な睡眠、栄養バランスのよい食事、適度な運動など、生活習慣を整えることで自律神経が最適に働き、腰痛解消につながります

また自律神経の働きには、あなたの思考や感情のクセも影響します。例えば、妬みや恨みなどネガティブな感情をもちやすい人は、交感神経が過剰に働き、カラダを硬直させます。

あなたに合ったストレスコントロールを身につけ、できるだけ心おだやかにお過ごしいただければと思います。

☆ストレス解消に役立つ感情コントロール法はこちらが参考になります⏬

【開放せよ】感情をコントロールして、ストレス解消する簡単な方法



 

関連

本ブログでは、腰痛解消のために日常生活で気をつけるべき習慣について解説しています。こちら⏬も合わせてお読みいただくと、軽やかに動ける活力あるカラダを手に入れられます。

自律神経を整え、心身ともに健康的なライフスタイルをつくるのに、こちらの本がものすごく参考になります!まんがで解説されているので、初めての方にもスッキリ理解できます。

アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG